1食だけ炭水化物をOKにして効率的にダイエット

低炭水化物ダイエットは世の中で多くの人に実践されていることですが、一日3食のうち、すべてを炭水化物絶つというのは、なかなか継続がむずかしいようです。
そこで、一日のうち1食(夕食)だけ、炭水化物を摂取する快食を行うのが、ダイエットの効率が上がると言われています。

夜だけ快食のポイント

3食のうち1食は、炭水化物を制限せずに好きなだけ食べて良いダイエットです。
朝と昼だけ炭水化物を制限して、夜だけ快食にするというのが成功事例が多いようです。
ただし、快食時は、1時間以内に食べ終わることがルールです。
また、間食は一切禁止にするとダイエット効果が上がると言われています。

低炭水化物ダイエットとは、白米の代わりに玄米を食べたり、パンはライ麦パンにしたり、パスタを食べたりするダイエットです。

快食でストレス解消

全食、低炭水化物食にすると、飽きがきてしまったり、我慢できなくなってしまったりします。
一食の快食が一日一回あるだけで、ストレスが解消されますし、長い目で見たダイエットとして効果的である点が良い点であると言えるでしょう。

食べすぎには要注意

快食のときにいくら食べて良いからといって、ケーキやスイーツ、ハンバーガーなどの炭水化物を暴食してしまう可能性がある点です。

まずは全食事を低炭水化物だけにして、慣れてきたら、一食だけは普通の食事に戻すなどして工夫しましょう!

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。