顔やせには意識的に表情筋を使うことが大切

普段の生活の中で、顔の筋肉を十分に使えていますか?
顔やせといえば、ツボ押しなどを思い出しますが、実際は人とコミュニケーションをとる際に、表情をはっきりつくることを意識すると、意外と筋肉をたくさん使うことに気づきます。
日ごろから意識的に表情筋を使って、スッキリしたあご、頬のラインを作りましょう!

毎朝、鏡の前で表情筋の準備運動を行う

準備運動はとっても簡単です。
「あ」「い」「う」「え」「お」を、顔全部の筋肉を駆使する感じで、大げさに言うだけです。

「あ」のときははちきれんばかりに口を大きく開けます。
「う」のときは、思いっきり口をすぼめます。

これを10セット、しっかりまじめにやれば、すでに顔の筋肉が疲れてくるのが分かります。
それが筋肉を使った証拠です。

この準備運動をした後は、表情がいつもより作りやすくなっていることに気づくでしょう!

面倒なエクササイズは不要です!
思いっきり表情を動かしましょう。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。