ご紹介する操作方法は以下Windows7に入っているバージョン10のものです。

おすすめの便利機能1
入力間違いしやすいパターンを自動で補正する

Microsoft IMEのプロパティ、「オートコレクト」タブ

Microsoft IMEのプロパティ、「オートコレクト」タブ

例えば「鼻血」は正しくは「はなぢ」、「続き」は「つづき」、「氷」は「こおり」ですが、これらを「はなじ」「つずき」「こうり」と誤って入力しても自動的に補正して変換してくれる機能です。

■具体的な操作方法
  1. ツールバー上のツールをクリック
  2. プロパティをクリック
  3. 「オートコレクト」タブをクリック
  4. 「入力オートコレクト」内の最下部にある『「じ」→「ぢ」/「ず」→「づ」変換』『「う」と「お」の同一視』にチェックを入れる
  5. 適用→OKをクリック

おすすめの便利機能2
漢字の異体字を入力する

「IME パッド-手書き」で「異体字の挿入」

「IME パッド-手書き」で「異体字の挿入」

異体字とは、旧字と新字のように意味や読みは同じであるものの、形が異なる文字の組。また、特にそのような文字の組のうち標準的でない方の文字のことです。人名や地名などを入力するときに必要な場合がよくあるので、知っておくと便利です。

ここでは例として苗字の「山嵜(やまざき)」さんの「嵜」の字を出す方法です。通常の変換では出てきません。

■具体的な操作方法
  1. ツールバー上のツールをクリック
  2. 「IME パッド」をクリック
  3. 「IME パッド-手書き」のウインドウに手書きで通常の「崎」を書く
  4. 右側の一覧内の「崎」の字の上で右クリック
  5. 「異体字の挿入」にマウスカーソルを合わせる
  6. 表れた「嵜」の字をクリック

おすすめの便利機能3
外国語入力ができるように設定する

MS-IMEで日本語と韓国語を入力できるように設定した例

MS-IMEで日本語と韓国語を入力できるように設定した例

日本語以外のどの外国語でも手順は同じです。ここでは「韓国語」を例に取ります。

■具体的な操作方法
  1. ツールバー上で右クリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「テキスト サービスと入力言語」のウインドウが表示される
  4. 「全般」タブの「インストールされているサービス」の「追加」をクリック
  5. 「入力言語の追加」ウインドウが表示される
  6. 利用したい言語の前にある【+】のボタンをクリック
  7. [Microsoft IME]のチェックボックスにチェックを入れOKボタンをクリック
  8. 「テキスト サービスと入力言語」のウインドウが再度表示される
  9. 「インストールされているサービス」に「韓国語」が追加されたことを確認しOKをクリック

■注意
言語の切り替えは、MS-IMEの言語バー上で行ってください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。