ドラッグ&ドロップでExif情報をカンタン削除

(写真1) 「ExifReader」でExif情報を確認

(写真1) 「ExifReader」でExif情報を確認

iPhoneなど、GPS機能を搭載したスマートフォンなどで撮影する場合、位置情報を「オフ」にしておかないと、撮影した画像には撮影地の緯度経度などが詳細に記録されます。そのままWebなどに公開するとプライバシーを侵害される恐れがあるので、消しておきましょう。

位置情報以外にも、撮影した機種、シャッタースピードなどなどいろいろな情報が含まれるExif情報。Webにアップする場合は消しておくのが懸命だと思います。

ちなみに(写真1)は、私が長崎市で路面電車を撮影した写真です。位置情報はオフにしているので緯度経度は出ませんが、iPhone4で撮影したこと、撮影日時、カメラの設定などが詳細に表示されています。

Exif情報を確認する必要がなく、単純に消したい場合に便利なソフトを紹介します。

ExifEraser(フリーソフト)

ダウンロードサイト: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se475864.html
対応OS:Windows 7/Vista/XP
日本語で使えるので、便利です。

使い方

(写真2) 写真を「ExifEraser」のアイコンの上にドラッグ&ドロップ

(写真2) 写真を「ExifEraser」のアイコンの上にドラッグ&ドロップ

単純明快です。Exif情報を消したい写真を「ExifEraser」のアイコンの上にドラッグしてドロップするのみ(写真2)。少し待つと、「Exif情報の削除処理が完了しました」とポップアップが出ます。これで完了です。

こんな時に便利

複数枚の写真のExif情報を消したい時に、使うといいと思います。ソフト自体を立ち上げる必要がないので、とても手軽に使えますよ。

参考までに

1枚目の写真でExif情報を確認するために使ったのは「ExifReader」というソフトです。こちらも日本語で使えるのでわかりやすいです。ちゃんとExif情報が消えているかなどの確認にどうぞ。
ダウンロードサイト: http://www.rysys.co.jp/exifreader/jp/




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。