フランスの代表的な紅茶 「KUSUMI TEA」

KUSUMI TEA

KUSUMI TEA

紅茶は食べ物中でも比較的持ち帰りやすい商品ですので、お土産にぴったりです。中でも、日本ではなかなか購入が難しい「KUSUMI TEA」がおすすめです。

クスミティは、創始者クスミチョフがその帝政ロシア時代の1867年セントペテルスブルグにて創業。良質の茶葉を扱い、皇帝の御用達の茶商だったそうです。

1917年ロシア革命により、貴族的趣味のお茶文化は廃れてしまうに至り、フランスに亡命、ロシアでのお茶のノウハウを生かしつつ、「香り」を楽しむロシア風なお茶の販売を始めたことがきっかけで、フランスの代表的な紅茶になっています。

クスミティはフランス国内においては非常に知名度は高く、品質の良いお茶として有名百貨店、ホテルなどで販売されています。

ボンマルシェ百貨店のフードコーナーで販売しているので、ぜひお土産にチェックしてみはいかがですか。

いろんなフレーバーが楽しめるミニサイズの5缶売り15ユーロはオススメ。5種類のフレーバーが楽しめるので、いろんな人に配るお土産にもぴったりです。

どこかロシアの香りが残るステキなパッケージもステキ。

■KUSUMI TEA
・住所:75, Av Niel 75017 Paris 
・アクセス:メトロ: 3番線 Pereire
・電話:01 42 27 91 46
・URL:http://www.kusmitea.com/

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。