ロストマーの香水は言わばブルターニュそのもの

 

 

 

 

ロストマーとは、2006年に設立されたばかりのまだ新しい香水ブランド。ブルターニュ地方のクロゾン半島にある小さな海辺の村ロストマーで生まれ育ったオーナーが、この地の薫りを再現した香水は、どれも身に付けるたびに自然豊かなブルターニュの情景が目に浮かびます。クオリティを落とさないように完全限定生産を貫いているロストマーの香水は言わばブルターニュそのもの。

商品名はすべてフランス語ではなく、現地で使われているケルト系言語のブルトン語(ブレイス語)で付けられています。

女性をイメージしたLann-Ael、ブルターニュの森を思わせるDin Dan、Aodは海の上を走る風を感じます。

フレグランスだけでなく、同様の薫りでボディソープ、ボディクリームなどスキンケアラインもあるので、香水を付けない人はこちらをどうぞ。

■ロストマー
ホームページ:ロストマー

※上記データは記事公開時のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。