袋わけでやりくり→貯蓄へ!

私の家計管理は若い時は袋わけで何とか1ヶ月の収支が合うように頑張りました。

1ヶ月の家計簿を付けて3~5年も続けると大体金額が一定になります。
余裕の収入であれば良いけどギリギリの収支であれば袋わけしてやりくりが一番だと実感しました。
給料日に現金だったので支払い分を袋に明記して支払います。
残りから一ヶ月の生活費を食費代と他費と袋分けます。
食費代も米・肉・野菜・調味料と袋分けします。
給料ー支払いー生活費=残り=貯金へ

今は給料が銀行振り込みなので三ヶ月分の生活費だけを下ろしてきます。
電気光熱費・保険料など自動引き落とし分を別口座にして半年に一回確認します。
使わない預金は利回りの良いものを探してちょっと運用しています。

今は袋わけの代わりに通帳わけで家計管理をしています。
おかげで家も建て車も何回か買い替えローンもありません。
ほとんど現金買いですが余裕があればローンでも良いかなと最近おもいます。
余裕の無い方はローンは止めた方が良いと思います。
貯蓄は大切・やりくりも大切・袋わけが良かったと今思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。