牛乳パックを切る

alt=""

底を切るのは大人の方が担当で

底から6cmの高さのところを切りとる。線を引いておいて定規とカッターを使って切りとるか、はさみの場合は線より少し上に少し切り込みをいれて、そこからはさみを入れて粗く切ってから2度きりするときれいに切れます。

残りの部分は切り開いて、スノーマンの形を2つ描いてハサミで切りとる。
※スノーマンの形は、お子さんにフリーハンドで描かせて作ってもかわいいと思います!


色画用紙を貼る

alt=""

両面テープかボンドで貼ります

底の箱は、側面に赤の色画用紙を貼る。

スノーマンの方には13cmくらいに切った金リボンをしっかり貼付けてから、白の画用紙を貼る。
※画用紙は牛乳パックで作った台紙よりも少し大きめに切っておいて、貼ってから切った方が簡単です


デコレーションパーツを作る

alt=""

パーツ作りはお子さんも楽しめます!

  • 帽子・ひいらぎの葉…色紙を半分に折って切る
    ※切ってから開くと左右対称の形ができあがるのは、子どもにはちょっとしたマジックみたいでビックリ!
  • ひいらぎの実… アルミホイルに油性マーカーで色を塗り、乾いてから丸める。
  • ステッキ… 赤と白のモールをねじってしましま模様にしてからカットして、先をちょっと曲げる。
  • スノーマンの顔も描いてね!
    ※目・鼻は色紙を貼ってもかわいいですね

パーツ作りは、お子さんにも本当に楽しめます!


箱(鉢)とツリーを貼り付ける

alt=""

お子さんに好きな模様を自由に描かせて

鉢の前側と後側の2ヶ所に、ツリーの下を1.5cmくらい重ねてを貼り付ける。
※しっかり貼れる強力タイプの両面テープが便利

箱にハート模様を描けば、かわいいスノーマン ボックスのできあがり!

 

ワンポイントアドバイス

家にあるリボンや布の端切れ、雑誌の切り抜き、オマケなど、家にあるものをいろいろ貼り付けて、オリジナルのデコ・スノーマンも楽しいですね。

牛乳パックの耐水性を生かして、水を入れてオアシスを置いて、お花を飾ることもできますよ。

■ツリーのプレゼントボックスの作り方はこちら




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。