何処がお得?百貨店各社の株主優待を調査しました!

百貨店の株主優待銘柄、最もお得なのはどれ? 百貨店各社の株主優待を調べました! 使い方によっては10%以上の利回りになるなど、百貨店の株主優待はかなりお得にお買い物が出来ます!是非ご参考にして下さい!

百貨店の株主優待銘柄、最もお得なのはどれ? 百貨店各社の株主優待を調べました! 使い方によっては10%以上の利回りになるなど、百貨店の株主優待はかなりお得にお買い物が出来ます!是非ご参考にして下さい!

お歳暮やお中元といった贈り物からブランド物など、あれやこれやで百貨店、デパートを利用する機会が多い皆様もいらっしゃると思います。出来れば少しでもお得にお買い物をしたいですよね!

実は百貨店、デパートの多くは株主優待を出しています。株主優待を利用出来ればお得に買い物が出来るんです!そこで今回は各社の株主優待情報を調べてみたいと思います。株主優待で少しでもお得に、買い物を楽しみましょう!

>>>2018年の最新デパート優待銘柄はコチラへ!
18年度最新版!デパート買物優待券株主優待ランキング
18年度最新版!必読のスーパー株主優待ランキング
 
【目次】
1、三越伊勢丹ホールディングス
2、高島屋
3、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪神百貨店、阪急百貨店)
4、J.フロント リテイリング(大丸、松坂屋)
5、近鉄百貨店
6、まとめ

 

百貨店株主優待1.三越伊勢丹ホールディングス

三越と伊勢丹の買い物優待券は三越伊勢丹ホールディングス(東証1部<3099>)の株主優待を活用することで利用出来ます。同社は2008年4月に三越と伊勢丹が経営統合して誕生した百貨店首位の企業です。新宿伊勢丹と日本橋三越は日本の百貨店の中でも非常に大きな売上高を誇ります。同社の株主優待は、やはり百貨店の中でも知名度の高い伊勢丹と三越でお得に買い物を出来るという点で魅力があります!

三越伊勢丹ホールディングス(東証1部<3099>)
予想配当+予想優待額面利回り:16.45%
利回りは100株を購入して年間20万円の買い物をして2万円の割引を受けたとした場合(株主優待は2万円で評価して利回り計算しています)
【2018年12月12日株価】1,289円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=12万8900円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 12円
【株主優待権利確定月】 3月
【予想PER/実績PBR】38.7倍/0.9倍

【優待内容】株主優待カード(10%割引)
100株以上・・割引限度額3万円
300株以上・・割引限度額4万円
500株以上・・割引限度額 5万円
1,000株以上・・割引限度額10万円
3,000株以上・・割引限度額15万円
5,000株以上・・割引限度額20万円
10,000株以上・・割引限度額 30万円
※その他、株主優待カードの定時により施設・ショップ・提携ホテル等の割引、有料催事・文化展の無料入場(同伴者1名まで)、買物による駐車時間無料1時間延長サービスなどあり


 

百貨店株主優待2.高島屋

高島屋は大阪に本拠を置く、日本全国で展開する老舗百貨店です。シンガポールや中国、ベトナムなどアジアにも進出しています。同社の株主優待は500株以上で利用限度額がなくなります。

高島屋(東証1部<8233>)
予想配当+予想優待額面利回り:14.43%
利回りは100株を購入して年間20万円の買い物をして2万円の割引を受けたとした場合(株主優待は2万円で評価して利回り計算しています)
【2018年12月12日株価】1,552円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=15万5200円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 24円
【株主優待権利確定月】 2月、8月
【予想PER/実績PBR】12.8倍/0.6倍

【優待内容】株主優待カード(10%割引)
100株以上・・利用限度額30万円
500株以上・・利用限度額なし
※ 優待カードの提示により各店の有料文化催に3名迄無料入場可


 

百貨店株主優待3.エイチ・ツー・オー リテイリング(阪神百貨店、阪急百貨店)

阪神百貨店と阪急百貨店の買い物優待券はエイチ・ツー・オー リテイリング(東証1部<8242>)の株主優待を活用することで利用出来ます。同社は2007年に阪急百貨店と阪神百貨店が統合して出来た持ち株会社です。スーパーのオアシスやイズミヤも展開しています。

エイチ・ツー・オー リテイリング(東証1部<8242>)
予想配当+予想優待額面利回り:13.57%
利回りは100株を購入して年間20万円の買い物をして2万円の割引を受けたとした場合(株主優待は2万円で評価して利回り計算しています)
【2018年12月12日株価】1,768円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=17万6800円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 40円
【株主優待権利確定月】 3月、9月
【予想PER/実績PBR】21.1倍/0.8倍

【優待内容】株主優待券(阪急百貨店、阪神百貨店 10%割引)
※家族亭で20%などグループ会社によって割引率が異なります。
また、阪急キッチンエールご入会優待券が100株以上で1枚つきます。
詳しくは同社HPをご覧下さい。
100株以上・・5枚
500株以上・・10枚(連続して3年以上保有の場合:さらに10枚追加)

 

百貨店株主優待4.J.フロント リテイリング(大丸、松坂屋)

大丸と松坂屋の買い物優待券はJ.フロント リテイリング(東証1部<3086>)の株主優待を活用することで利用出来ます。同社は大丸と松坂屋が統合して出来た持ち株会社です。大型複合施設『ギンザシックス』は同社が運営しています。また、子会社にはパルコがあり、パルコの買い物優待券も別途あります。

J.フロント リテイリング(東証1部<3086>)
予想配当+予想優待額面利回り:15.79%
利回りは100株を購入して年間20万円の買い物をして2万円の割引を受けたとした場合(株主優待は2万円で評価して利回り計算しています)
【2018年12月12日株価】1,488円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=14万8800円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 35円
【株主優待権利確定月】 2月、8月
【予想PER/実績PBR】12.8倍/1.0倍

【優待内容】※詳しくは同社HPをご確認下さい
1、買い物優待カード(10%割引)
<利用限度額>
100株以上継続保有 3年未満:50万円 3年以上:150万円
500株以上継続保有 3年未満:100万円 3年以上:200万円
1000株以上継続保有 3年未満:200万円 3年以上:300万円
2000株以上以後1000株ごとに100万円ずつ加算
4,000株以上継続保有 3年未満:500万円 3年以上:600万円
2、パルコ買い物優待券
パルコでの買い物2,000円(税込)円毎に100円分としてご利用可。
100株以上で 2月末40枚(4000円分) 8月末新規株主20枚(2000円分)

 

百貨店株主優待5.近鉄百貨店

近鉄グループが筆頭株主の百貨店です。大阪南部と奈良を地盤に直営店を10店舗を展開しています。日本最大級の店舗である、あべのハルカスは同社が運営しています。

近鉄百貨店(東証1部<8244>)
予想配当+予想優待額面利回り:6.02%
利回りは100株を購入して年間20万円の買い物をして2万円の割引を受けたとした場合(株主優待は2万円で評価して利回り計算しています)
【2018年12月12日株価】3,655円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=36万5500円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 20円
【株主優待権利確定月】 2月、8月
【予想PER/実績PBR】37.0倍/4.4倍

【優待内容】100株以上で下記の優待※詳しくは同社HPをご確認下さい
1、買物優待カード(10%割引)
※CD・DVD、書籍等は5%を割引​​​​​​​
※一部割引対象外の施設、ショップおよび商品あり
※有効期間内の利用可能上限額は300万円(税別)
※近鉄百貨店が主催する有料文化催事への入場無料特典
2、優待クーポン券
自店のレストランなどで使用できる優待クーポン券等を綴じた冊子を1冊

 

百貨店・デパート株主優待は割安感のある銘柄が多い

いかがでしたでしょうか? 各百貨店の株主優待は一律で10%となっていますが、限度額などに差があります。今回の利回りは100株を購入して年間20万円の買い物をして2万円の割引を受けたとした場合の利回りですので、購入株数や利用額によってはもっとお得に利用することも出来ると思います。特に高額な買い物をするケースや毎年定期的に買い物をするケースでは、株主優待を利用するかしないかでは大きな差が出てくると思います。

また、最低売買単価は多くが10万円台となっており、株価水準も比較的割安感を感じられる銘柄が多くあります。まだ株式投資を始めていない皆様でも、手軽に始められると思いますので、一度投資をご検討いただいてもよいかと思います。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。