他の株で回収するくらいの気持ちで潔く損切りを

投資目的で買われたのであれば、買ったときの価格から10%程度下落したら、迷わず損切り(売却)することをおすすめします。迷って売れずに時間だけが経過してしまうと塩漬け株になる可能性が高く、他の株に投資するための軍資金もできない状態が続くことが考えられるからです。

株式投資の世界では「鯛の頭と尻尾はくれてやれ」と言う言葉があるように、損切りのタイミングが重要です。今回の株式投資ででた損失を、他の株で回収するくらいのフットワークが大切ではないでしょうか。

ただし、購入された目的が株主優待であれば、この限りではありません。

※記載されている情報は、投稿された時点のユーザーからの情報です。
また、株式投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。