「こうなったら売る」というルールを決めておく

なぜあなたは高値で買ったのでしょうか? 買うと決断した際に、何らかの理由があったと思います。それが今はどうなったのか、を考えるべきだと思います。その目論見が外れたのであれば、損切りすべきですし、そうでなければホールドでもよいのではないでしょうか?

ネットで調べたところ、2011年3月期の一株あたりの純資産:1万22円。また配当利回りは2012年3月が配当利回り3.60%(2012年2月24日現在)、2012年月期は赤字予想ですね。

私なら、こう考えます。もともと同社はキャッシュリッチであり少々本業が赤字でも倒産する可能性はないといってよいでしょう。解散価値は前述のとおり1万円程度。12年3月の赤字は同社の資本力で十分耐えうる数字と思います。

また配当利回りが3%超。12年3月期は赤字なので減配の可能性はありますが、今の金利情勢で優良企業で配当利回りが3%あるならホールドでも損はないと思いますが。

最後に、株を買って赤が出た場合、あまり買値に固執しないことです。チャートや数字を見て、こうなったら売ると決めることでしょう。例えば、「配当利回りが3%を切ったら売る(今の計算だと約1万5000円)」や「移動平均線より株価が○%下回ったら売る」ということを決めてはいかがでしょうか? 現在のところ株価は短期(13週)、中期(26週)の上にありますし、あわてて損切りする必要はないと思います。

※記載されている情報は、投稿された時点のユーザーからの情報です。
また、株式投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。