「世界一」の称号を得た馬がたびたび敗れてきた日本のレース

競馬において、「世界最高峰のレース」とされるのが、毎年、10月第1日曜日にフランスで行われる凱旋門賞(ロンシャン競馬場、芝2400m)。長きにわたり、その年における「世界一」の馬を決めるレースとされてきました。

参照記事:競馬の世界一を決める凱旋門賞ってどんなレース?

その凱旋門賞から約1ヵ月半後の11月末に、日本ではジャパンカップ(東京競馬場、芝2400m)というビッグレースが行われます。ジャパンカップは、世界各国から一流の競走馬が招待され、日本の馬と戦うレースで、距離は凱旋門賞と同じ芝コースの2400m。そのため、凱旋門賞を勝ったばかりの馬が参戦するという夢のようなケースがたびたび実現します。

jcstart

11月末に行われるジャパンカップは、世界が注目する豪華メンバーになることも(写真 JRA)


2012年のジャパンカップでも、その年の凱旋門賞を勝ったフランスのソレミアという馬の参戦が決定し、凱旋門賞で2着に敗れた日本のオルフェーヴルとの再戦が注目を集めています。

ですが、実は凱旋門賞馬にとって、日本のレースは鬼門中の鬼門。2011年までに、凱旋門賞を勝ってそのままジャパンカップに参戦した馬が6頭いましたが、勝った馬はおらず、3着が精一杯という厳しい成績。なかには14着と大敗してしまった馬もいます。

しかし、この結果を聞いて「凱旋門賞馬って弱いんだ」とは思わないでください。そこには、苦戦するのもやむを得ない事情があるのです。

同じ競馬でも、ヨーロッパと日本では大きな違いがある

凱旋門賞やジャパンカップが行われるのは同じ芝コースなのですが、しかしヨーロッパと日本では、その芝コースに大きな違いがあるのです。

ヨーロッパの競馬場と日本の競馬場を見くらべると、多くの人がその景色の違いに驚くはず。というのも、日本の競馬場は何もないところに一から人工で芝を生やし作ったコースがほとんどですが、ヨーロッパの競馬場、特に競馬の中心地であるイギリスやフランスの場合は、むしろ元からあった広大な草原をアレンジして競馬用のコースにしたところが多い。実際に、競馬場のはるか向こうまで緑の芝が延々と生い茂るところもあり、まさに自然の中に作られている雰囲気を持つのが、ヨーロッパの芝コースなのです。

このような背景や気候の違いなどから、日本とヨーロッパではコースに敷き詰められている芝の長さや密度がまったく違います。日本の芝は丈が短く密度も低い。対してヨーロッパの芝は長く密度も高いため、馬にとって日本の芝コースは堅く、走るのにそれほど力が要りませんが、ヨーロッパの芝は深くて足にまとわりつくように感じます。また、ヨーロッパは雨が多く、ぬかるんだコース状態でレースが行われることが多いのも特徴。その結果、日本の芝コースではスピードが求められ、ヨーロッパの芝コースではスタミナやパワーが求められるのです。

このように、日本とヨーロッパでは同じ芝コースでも求められる能力に大きな差があるため、世界一の馬が苦戦してしまうのです。

その証拠に、凱旋門賞とジャパンカップは同じ距離で行われますが、日本の芝は堅くスピードが出るため、多くの年でジャパンカップのほうが凱旋門賞より2~3秒以上早いタイムでの決着。日本のレースは、ヨーロッパではあまり経験しないスピードレースになるため、凱旋門賞馬は苦戦してしまうのです。
1999jc

1999年の凱旋門賞馬モンジューを負かしたのは日本のスペシャルウィーク(写真 JRA)

1999年のジャパンカップに参戦したフランスのモンジューという馬は、その年の凱旋門賞を2分38秒5というタイムで勝っていました。この時の凱旋門賞は雨の影響で芝が大量の水分を含んでおり、非常に遅いタイムでの決着。そのモンジューが挑んだジャパンカップは2分25秒5というレースタイムで、モンジューは4着。凱旋門賞とは実に10秒以上の差があるのですから、いくら世界一の馬といえども、さすがに戸惑ってしまいます。私はむしろ、日本の早いタイムにここまで対応したモンジューに能力の高さを感じました。

しかし、日本とヨーロッパにおける違いは「芝」だけではありません。次ページでは、もう1つの大きな違いを説明します。



ヨーロッパの馬が戸惑いを見せるペースの問題

芝が長く深いためタフなレースになり、日本より遅いタイムでの決着が多いヨーロッパの競馬。凱旋門賞も同様なのですが、しかし、2011年の凱旋門賞は別。この時のフランスは連日好天が続き、30度前後の気温で地面がすっかり渇いたため、芝コースはとても堅く、いわば日本の競馬場に近いスピード優先のコンディションになりました。その結果、2分24秒49という、凱旋門賞史上もっとも早いタイムでの決着。勝ったのは、ドイツのデインドリームという馬でした。
2011jc

2011年の凱旋門賞馬デインドリームもジャパンカップでは無念の敗戦(写真 JRA)

そのデインドリームが、直後のジャパンカップに参戦。凱旋門賞で見せたスピード能力から、日本の堅い芝コースにも対応できると見られていたのですが、結果は6着。実はこの敗因に、日本とヨーロッパにおける、もう1つの大きな違いが関連しているのです。

その違いとは、レース前半のペース。スタートはゆったり出て、レース前半はどの馬もゆっくり体力を温存し、中盤から徐々に加速していくのがヨーロッパの競馬。対して日本のレースはスタートから前半までのペースが早く、最後まで一定のスピードで乗り切ろうというスタイル。この違いが、ヨーロッパの馬を戸惑わすのです。

デインドリームは、ヨーロッパのレースに出ていた時、スタートからそれなりに早いペースを維持し、集団の前方につけて最後に抜け出すスタイルを取っていたのですが、ジャパンカップでは、日本馬がそれよりもずっと早いペースでスタートから走るため遅れを取ってしまい、集団の後方に位置するという不慣れなレースに。自分の得意な形に持ち込めないままレースを終えてしまいました。2011年の凱旋門賞もジャパンカップもレースタイムはほとんど同じなのですが、ペース配分が違うため、デインドリームは敗れてしまったんですね。

もちろん、何度か日本のレースを経験すれば、馬もペースに慣れて、結果が変わることもあるでしょうが、一発勝負となると、このペースの違いが大きな影響を与えるのです。

なお、日本の馬がヨーロッパのレースに参戦した時は、逆の現象が起きます。2006年の凱旋門賞に挑戦した日本のディープインパクトは、普段レース前半はゆっくりと集団のほぼ一番後ろでスタミナを温存し、最後に一気に加速するスタイル。しかし凱旋門賞では、ヨーロッパの馬の前半のペースが日本馬より数段遅いため、いつもと同じ感覚でスタートしたディープインパクトはあれよあれよと先頭集団を走ることに。不慣れなレーススタイルとなったこともあり、3着(後に失格)に敗れてしまいました。

それぞれが得意なレーススタイルを持っている競走馬にとって、前半のペースの違いは、レース結果を左右する大きな問題になるのです。

細かな理由は他にもありますが、世界一の馬がジャパンカップで苦戦する代表的な理由は、「芝」の違いと「前半のペース」の違い。しかしそれこそが競馬というスポーツ。たとえばアメリカでは、芝コースよりも砂主体のダートコースがメインですし、前半のペースも日本よりさらに早いです。このように、色々な環境のもとで強さを競うのが競馬の特徴といえるでしょう。

世界一の馬が来日する際は、このような“違い”を意識しながら、レースを観戦してもらえればと思います。

(リンク)
JRAホームページ|今週の注目レース‐ジャパンカップ
第19回ジャパンカップ(1999年) -JRAホームページ|データファイル
第31回ジャパンカップ(2011年) -JRAホームページ|データファイル

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。