人間が生きていく上で絶対に消費されるエネルギー・基礎代謝は、ダイエット成功に導く大事な鍵。女性はなんと14歳をピークに年々下がるとされていて、どんどん太りやすくなっていしまうのです。

1. 体温が35.9℃以下 
2. 月経不順 
3. 冷え性 
4. 疲れやすく朝まで疲労が残る 
5. あまり汗をかかない
6. 少し食べただけですぐ太る 
7. 肩こり、腰痛もち 
8. 普段運動することが少ない 
9. 顔色が悪い 
10. 血圧が低い 
この10項目のうち7つ以上が当てはまる方は要注意。反対に、基礎代謝がそれだけ太りやすいカラダになるということになります。

「基礎代謝、低いかも?」という方には、まずお風呂の入り方を工夫することをおすすめします。

温度が40℃以下の温めがベター。みぞおちまでつかる、いわゆる「半身浴」は全身の血行を良くし自律神経を整えます。そのまま頭の上から汗がしたたるまで20分以上は湯につかること。汗が出にくい場合は大さじ1~2杯の塩を入れてみて下さい。

もう1つは「温度差シャワー」。40℃のお湯と20℃の冷水を交互に5回ずつ20秒ずつ首の後ろに当てます。首と肩甲骨付近には、脂肪連勝のゴーサインを出す「褐色脂肪細胞」という細胞が密集しているので、これを刺激して活性化させることで基礎代謝をあげるというわけです。

日々のリラックスタイムをほんの少しかえるだけ。無理せず続けてみてください。

■良い点
毎日のバスタイムに取り入れるだけなのでお手軽。

■悪い点
温度差シャワーの場合、寒い冬にはちょっとつらいかも……。そんな時は「温度差タオル」で代用しても効果があるそうです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。