中華そば本来の味が楽しめる 「青葉」

青葉 中華そばundefined

青葉 中華そば

青葉中野本店のカウンター席は屋台をイメージしており、店主の「ラーメン本来の姿は屋台にある」との思いが込められている。店名は、店主の故郷・仙台に由来しています。

ラーメンはチャルメラの音が聞こえるような屋台の味を目指しており、日本人にとって昔からなじみ深い、中華そばを味わうことができる。

スープはやや白濁した茶褐色。煮干やサバ、カツオから取った魚介系の和風ダシと、豚骨や鶏がらなどの動物系スープがブレンドされたダブルスープです。風味とコクを両立させたまろやかなスープになっています。

麺はストレートで中くらいの太さで、黄味がかっていてやや平打ちです。屋台風らしく歯ごたえがあります。

サービスで「ゆず唐辛子」を付けることができます。これを入れるとよりさっぱりとしたさわやかな味になります。ただし入れすぎると、全く味が変わってしまうので、ほんの少しずつ混ぜていって、ベストバランスを探るといいでしょう。

■メニュー
・中華そば:850円

■店舗情報
・店名:中華そば 青葉 中野本店
・住所:東京都中野区中野5-58-1
・電話:03-3388-5552
・営業時間:10:30~21:00
・定休日:なし
・アクセス:JR中央線・東京メトロ東西線 中野駅より徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。