薬剤師という職業

薬剤師

薬局だけじゃない、薬剤師の職場

みなさんは薬剤師にどんなイメージを持っていますか?
調剤薬局で処方せんをもとに調剤する人、
病院で病棟業務や薬に関する指導を行う人、
身近なところではドラッグストアで薬の相談にのる人
などがあげられるでしょうか。

実はそれらの薬剤師免許が直接必要な仕事以外にも、製薬企業で医薬品の研究や開発の職につく者や、保健所をはじめとする薬事行政の分野で働く者もいます。

また、学校で衛生管理をする学校薬剤師という職もあります。
このように薬剤師は薬に関するあらゆるところに活躍の場があり、大変やりがいのある職業です。
 

薬剤師になるには

薬剤師になるには薬剤師国家試験に合格し、薬剤師免許を取得しなければなりません。
しかし、この試験の受験資格として「6年制の薬科大学または薬学部を卒業していること」があげられており、薬剤師志望者にとってはこれらの薬系大学を卒業することが薬剤師になるための最初のハードルと言えそうです。

現在も国立大学を中心に4年制の薬学部もありますが、これらは創薬などの研究分野をはじめとする多様な薬系人材の育成を目的にしたもので、薬剤師国家試験の受験資格は得られません。

もちろんこれら以外の大学、短大、専門学校では卒業しても受験資格は得られませんので注意が必要です。

 薬剤師undefined教育

2006年4月から変わった薬剤師になるための新教育課程


※例外として2006年4月以降に4年制の薬学部に入学した場合、卒業後大学院に進学し2年間で必要単位を取得し、共用試験の受験、病院薬局実習など6年制課程と同等の要件を満たせば、個別審査の対象となり受験資格が得られるようになります。
また、薬剤師法改正以前に4年制薬学部を卒業した者も、現時点ではそのまま受験することができます。
 

薬剤師を取り巻く環境

近年の薬剤師を取り巻く環境の変化として大きなものに薬学教育6年制がスタートしたことがあげられるでしょう。
これは数年前まで4年制だった薬学部が、臨床重視の医療教育や、セルフメディケーションの受け皿として薬剤師に期待する社会の要請にこたえるものとして、修業年数が6年に延長したものです。

また、これと前後して私立大学による薬学部の新設が相次ぎましたが、早くも定員割れをしている薬学部が地方を中心に見受けられます。

薬業界をみても新たに登録販売者という資格が設けられ、一部のOTC医薬品販売において薬剤師の代替として働いています。

薬剤師の求人についてはもともと売り手市場でしたが、6年制への移行に伴い卒業生がでない2年のモラトリアムのため薬剤師不足がさらに顕著となり、現在の薬学生にとっては恵まれた状況にあるといえるでしょう。