バロック建築の街 「ザンクト・ペルテン」

ザンクト・ペルテン

ザンクト・ペルテン

オーストリアで最も古い都市権を持つザンクト・ペルテンは、人口約5万人の小さな街ながらもニーダーエスターライヒの州都。バロック建築の街として有名で、ウィーンからのアクセスもよく、小旅行にはぴったりです。

ザンクト・ペルテンは、バロック建築の街として知られますが、セセッシオンを設計したヨゼフ・マリア・オルブリッヒが1899年に建てたアールヌーヴォーの傑作シュテール・ハウスや、1997年にオープンしたばかりのエルンスト・ホフマンが設計した行政地区などモダン建築も楽しめます。

豪奢なバロック様式の建物はラートハウスプラッツとヘレンプラッツに集中し、当時の雰囲気を肌で感じることができます。さらに夏には多くの野外イベントが開催される大聖堂も1722年にロマネスク&初期ゴシック様式から改築されたバロック様式です。

■行き方
ウィーン西駅からIC(特別急行列車)でザンクト・ペルテン中央駅まで約45分。

※オーストリア政府観光局から許諾をいただいた写真を投稿しています。
撮影者:Bartl(1枚目&2枚目)、Herzberger(3枚目)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。