ベルギー第2の都市 アントワープ

アントワープ中央駅

アントワープ中央駅

名作アニメ「フランダースの犬」の舞台として知られるアントワープの街へパリから高速列車を使って日帰りで行ってみませんか。

まず、「アントワープ中央駅」の素晴らしさを感じられる程圧巻のネオ・バロック様式の重厚な建築は、「鉄道の大聖堂」とも呼ばれています。駅の中、周辺はベルギービールやチョコレートを楽しめるカフェやショップがたくさんあります。

そして、歩くこと15分程で『フランダースの犬』の中でラストシーン、ネロとパトラッシュが永遠の眠りにつく教会「ノートルダム大聖堂」が見えてきます。聖堂内は贅沢にもルーベンスの4枚の絵が飾られています。ゆっくり聖堂内を歩いてみてはいかがでしょうか。

■ チケットについて
タリスのチケットは現地の駅でも購入可能ですが、観光シーズンや週末などはチケットが売り切れる場合が多いので、予めネット予約して行く事オスメします。「タリス」のホームページなどの予約サイトを利用すると、早割などが適用されます。(時期、時間、座席などにより料金は大きく異なります)

国鉄の切符は駅で購入出来ます。「ブリュッセル南駅」より「アントワープ中央駅」までは6.1ユーロです。

■パリからの行き方
「パリ北駅」より高速列車「タリス」に乗って「ブリュッセル南駅」で下車。「ブリュッセル南駅」からベルギーの国鉄に乗り換え「アントワープ中央駅」まで約40分です。駅から中心地までは徒歩圏内。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。