このページをご覧になっている皆さんは、シールを作るときに、ご自宅にある「インクジェットプリンター」をつかって印刷される方が多いとおもいます。

シールやステッカー以外にも、バラエティーに富んだ用紙がインクジェットプリンター向けに販売されていますので身近な存在ですが、一方で、インクジェットプリンター向けの用紙は水や湿気が多い環境に置いておくと、印字内容がにじんでしまうことが多くあります。

こうなると、気になるのがお子さんに「ぬれた手でペタペタされる」こと。とくに小さなお子さんをお持ちの方には切実な問題でしょう。

そこでご紹介したいのが「カラーコピー機」を活用する方法です。カラーコピー機は、「レーザープリンター」と同じ方式で印刷します。ですので、レーザープリンター向けに作られているシールやラベル用紙が、カラーコピー機でも使えます。

この方式で印刷すると、湿気などで印字内容がにじむことはありません。これならペタペタされても大丈夫です。

カラーコピー機なら、原稿がコピー機の原稿台に載れば大丈夫ですので、手書き原稿でも問題なし。これなら、オリジナリティーがあふれるシールやラベルを作成できますね!

ただし、多くのコンビニエンスストアやスーパーなどにあるコピー機では、持ち込み用紙への印刷はできないケースがほとんど。でも、コピー専門店などでは持ち込み用紙にコピーさせてもらえるところがあります。

例えば「キンコーズ」などはその代表格。お値段は少し高くなりますが、お店の方にコピーを頼むことも可能です。「オンデマンド印刷/コピー」と店頭にある場合、持ち込み用紙にカラーコピーできるお店の可能性が「大」です。

カラーコピー機とレーザープリンター用紙を使ってオリジナリティーあふれるシールを作ってみてください。

※インクジェット用紙は、カラーコピー機では使えません。コピー機が故障する原因となりますのでご注意ください!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。