フランスの伝統工芸カルトナージュ。厚紙で組み立てた箱を布や紙で飾ったカルトナージュは、インテリアに敏感な女性から人気を集めています。今回は空き箱に布や紙を貼ってつくるお手軽カルトナージュを紹介します。

■材料
  • 空き箱:フタ付きのもの。少し厚手の丈夫な物がおすすめ
  • 布or紙:色や柄を2種用意すると、フタと本体の組み合わせを楽しめます
  • 厚紙:本体の底面に敷きます
■ 道具
  • 定規、メジャー
  • はさみ
  • 木工用ボンド
  • はけ
  • 紙皿
■ つくり方
  1. フタと本体、それぞれのサイズ(縦、横、高さ)を測ります。
  2. 本体の底に敷く厚紙を底面のサイズに合わせて切ります。
  3. 本体の側面に貼る布や紙を切ります。
    ・サイズ
    ‐ 高さ=本体の高さ+4cm(上下ののりしろ)
    ‐ 横幅=本体の外周+折り返し分+両端の重ね分
  4. 本体の底面に貼る厚紙用の布や紙を切ります。
    ・サイズ
    ‐ 縦幅=本体の縦幅+2cm(のりしろ)
    ‐ 横幅=本体の横幅+2cm(のりしろ)
  5. フタに貼る布や紙を切ります。
    ・サイズ
    ‐ 縦幅=フタの縦幅+高さ+2cm(のりしろ)
    ‐ 横幅=フタの横幅+高さ+2cm(のりしろ)
  6. 木工用ボンドを紙皿に出し、はけで塗りやすいよう水で薄めます。
  7. 本体に布や紙を貼っていきます。
  8. 4つの側面のうち1面ずつはけでボンドを塗り、転がすように貼ります。折り返し部分を折り重ね、布同士をボンドで貼ります。最後は両端を少し重ねて本体に貼り付けます。底面と上部ののりしろは角の部分をナナメに切り落とし、内側に貼ります。
  9. 本体の底に貼る厚紙に布や紙を貼っていきます。
  10. 厚紙にボンドを塗り、布や紙を貼る。のりしろは角の部分をナナメに切り落とし、反対側に折り返して貼ります。
  11. 本体の底に布や紙を貼った厚紙を貼ります。
  12. フタに布を貼っていきます。
  13. 上部にボンドを塗り、布を貼ります。側面の縦もしくは横のどちらか2面にボンドを塗り、布を張ります。残った面は布がはみ出さないようにきれいに折り込んで、内側に貼り込みます。

■ ワンポイントアドバイス
  • ボンドで布を貼りアイロンで軽く押さえると、早くきれいに密着します。焦がさないように注意してください。
  • 蓋の上部にキルト芯を挟むと、ふんわりと盛り上がり高級感が出ます。
  • レースやボタン、紐などをつかったデコレーションもおすすめ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。