保温状態のものを少し冷ました程度のごはんがベスト

 

 父のチャーハンの出来上がり。パラパラです

 

 ボールに卵を溶き、ごはんを入れて混ぜます。これを炒めます


父はラーメンが好きで、ひとりランチの時はよくラーメンとチャーハンを作っています。いつかテレビで以下の作り方を見てから、卵液の中にごはんを入れて作るチャーハンが父の定番となりました。

材料

  • 長ネギ
  • 焼き豚
  • 卵 2個
  • ごはん

作り方

  1. 材料をカットする。
  2. ボールに卵を溶き、ごはんを入れて混ぜる。
  3. 中華鍋を十分熱して、油を入れ、鍋を回して油を全体に広げる。
  4. ごはん入り卵液を鍋に入れて炒める。
  5. ごはんがパラパラになったら具材を入れて炒める。
  6. 塩・こしょう・中華スープの素で味付け。
  7. 最後に醤油を入れて香りをつけたらできあがり。

ポイント

卵液に入れるごはんは保温状態のものを少し冷ました程度がベストです。熱すぎると卵液が固まってしまいますし、炊きたては粘りが強いので、パラパラチャーハンには不向きです。

感想

卵がごはんをコーティングして、黄金に輝くパラパラチャーハンになります。ごはん入り卵液を炒める時は、しっかりと炒めて、パラパラになったのを確認してから次の工程に進むのが、よりパラパラになります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。