とってもエコなのに毎日交換できちゃう脱臭剤

 

 

 

 

脱臭剤の種類にもよりますが、固形のものは時間が立つとケースの中で乾燥して、効果が落ちる気がしませんか? ゴミが脱臭剤になればエコな上に、毎日交換することもできちゃいます。

毎日出るゴミが脱臭剤替わりになるなら、こんなにエコなことはありません。脱臭剤になるごみとは、コーヒーかすです。

先日、喫茶店のマスターが講師を務めるコーヒーの勉強会に参加し、コーヒー豆をおいしく保存するためには、コーヒー専用の密封容器に入れて保存すること、未開封でも密閉できる保存袋などに入れて冷凍することと教わりましたコーヒーがまわりの臭いを吸収しやすい性質をもっているからです。その性質を逆手にとって、脱臭剤にしてしまおうというワケ。

コーヒーを抽出したあとのかすにもにもその性質は認められており、UCCのウェブサイトでは『コーヒー抽出かすは活性炭以上にアンモニアの脱臭効果が優れていることがわかりました※』と報告しています。

毎日コーヒーを入れているなら、抽出後のかすをコーヒーフィルターのまま脱臭剤として使えます。抽出後はかなり水分が残っているので、両手でギュッと握って水分を絞り出してからお皿にのせ、フィルターを開いてコーヒーかすが空気に触れるようにしたら冷蔵庫へポン。冷蔵庫なので水分があってもすぐにかびることはありません。これなら毎日新しい手作り脱臭剤と交換できますよ。

【参考引用文献】
出典:※『コーヒーの抽出かすに脱臭効果が認められました! | UCCの環境活動 | コーヒーはUCC上島珈琲』


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。