アオダイショウ/ジャパニーズラットスネーク(Elaphe climacophora)

 

 

 

 


日本のあちこちに生息していて、たいてい出くわすとしたらこのヘビだろう、というのが「アオダイショウ」です。見た目は大変地味なヘビなのですが、海外ではその渋さが人気なのだそうです。

【外見】
・昼行性で、瞳孔もまんまる。よく動き、よくびびり、でも好奇心は旺盛で、よく物影からこそっとこちらを見ていたりします。暑いときは水に全身浸かっていて、鼻だけ出していたりします。細長いヘビですが、意外にしぐさは猫っぽいです。そこが、かわいいんですよ~。見ていて飽きません。

・また、地域によって色や模様が微妙に異なり、北海道産の「エゾブルー」と呼ばれる青みが強い固体や、オリーブ色の強い固体などさまざまです。


【飼育ポイント】
・日本のヘビなので、よっぽどの悪条件でなければ、気候の変化にも比較的柔軟に対応できます。今年の酷暑にエアコンを使わなくても、風通しをよくして、水入れさえあれば問題なく過ごしていました。

・怒ったときは、尻尾を辺りに打ち付けて「ぺちぺちぺちぺち」とやります。あと、総排泄口から独特の青臭いニオイを出します。これはネズミが嫌うニオイなので、ネズミでお困りのご家庭にアオダイショウのケージを置いておくと、ネズミがいなくなる、かも。

・一番厄介なのは、とにかく「よく動く」ということです。木登りが上手で、壁を伝うこともできるため、大人サイズでも1cm程度のちょっとした隙間があれば簡単に脱走してしまいます。うちのへびさんも何度脱走したことか…。きっちりフタができるケージが必要です。


【ごはん】
・マウス、ウズラなど、割となんでも食べますが、ヘビに共通するのは、嗜好性が強いということ。マウスに慣れると、マウスしか食べません。でも、マウスのにおいを鶏肉につけたりして、においを上手く使ったエサのシフトは可能。手羽先とかに慣れてくれればエサ代がぐっと減ります。


【設備】
・抜け目のないケージ
・登り木(あれば)
・水入れ(ヘビがまるまる浸れる程度の大きさ)
・シートタイプのヒーター
・新聞紙やペットシーツ、アスペンチップなどの床材
・シェルター(隠れるところ)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。