おっとりとした性格で何となく癒される「ウーパールーパー」

1980年頃に爆発的に人気者となったウーパールーパー。当時は飼育方法も確立されていませんでしたが、最近ではペットショップのアクアリウムコーナーなどでも販売されるようになりました。

ウーパールーパーは絶滅危惧種に指定されています。現在販売されているものはすでに日本にいるものを繁殖させたものです。

ウーパールーパーはゆったりとした動きで時にはあくびをしてみたりと、見ているだけで癒される生き物です。ただ、ほかの熱帯魚との共生やウーパールーパー同士を同じ水槽で飼うのは、共食いなどを防ぐためにおすすめ出来ません。

寒さには強いのですが、夏の暑さに弱いため、水温が25度を超えないようにファンやクーラーを設置しなければなりません。

食べ物は小魚や両生類などを好んで食べますが、ウーパールーパー専用の餌やタブレットを使用してもよいでしょう。

また水槽の掃除も欠かせません。週に2回程度の水換えや、1~2か月に一度はフィルターの掃除を心掛けましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。