iPhoneの便利な機能「Siri」に関係者登録というものがあるのはご存じでしょうか。外で電話をかけるときに、わざわざ自分の奥さんや娘の名前のフルネームを言って話しかけるのは少し恥ずかしいですよね。関係者登録をしておけば、こういったことがなくなります。

登録の仕方はSiriを呼び出して、「○○は私(僕)の妻(子供)です」といいます。すると、Siriが登録していいかどうか聞いてくるので「はい」を選べば完了です。

1.○○君に電話して

■音声で操作したい機能
電話をかける

■割り当てられた音声
“○○さんの携帯電話にかけています”

■例文
自分:○○君に電話して
Siri:○○さんの携帯電話にかけています

実際、自動的にかかるので電話番号は良く確認してください。

2,自宅に電話して

■音声で操作したい機能
電話をかける

■割り当てられた音声
”(自分の名前)さんの自宅にかけています”

■例文
自分:自宅に電話して
Siri:(自分の名前)さんの自宅にかけています。

この機能は、アドレスで自宅の電話番号を登録しておくと使えます。

3.○○○の番号に電話をかけて

■音声で操作したい機能
電話をかける

■割り当てられた音声
”○○○に電話をかけています”

■例文
自分:○○○の番号に電話をかけて
Siri:○○○に電話をかけています。

4.父に電話をかけて

■音声で操作したい機能
電話をかける

■割り当てられた音声
”父さんに電話をかけています”

■例文
自分:父に電話をかけて
Siri:父さんに電話をかけています。

これは父を関係者登録しておく必要があります。家族を登録しておくといいでしょう。

5.○○とFaceTime

■音声で操作したい機能
FaceTimeの起動

■割り当てられた音声
”○○さんのどの電話番号またメールアドレスを使いますか?”
”携帯番号とメールアドレスのどちらを使いますか?”

■例文
自分:○○とFaceTime
Siri:○○さんのどの電話番号またメールアドレスを使いますか?

これはFaceTimeができる人に限定ですが、このように言えば簡単にFaceTimeもできます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。