Syncで同期

 

 

 

 

 

 

どのような使い方をするにせよ、ブックマークやインストールした拡張機能や履歴やその他諸々、すべての設定を、Mozilla Firefox Syncサーバに同期してしまいます。

操作方法

  1. オプション>Syncから、「Firefox Syncをセットアップ」をクリック
  2. 「新しいアカウントを作成」をクリック
  3. アカウント作成のための情報を入力したら、「次へ」をクリック

これで、PCが破壊されて新しく買い換えても、外出先でも、家でも勤務先でも、すべてFirefoxの情報が同期されます。

私はよくOSのクリーンインストールをするのですが、そしてそのさいFirefoxどころかすべてのアプリケーションを削除してしまいますが、再インストール後、一瞬で元通りになります。

元通りにするには、(ここがちょっとChromeより面倒なんですが)
  1.  あらかじめ「リカバリキー」をDropboxに保存しておくか、Everenoteに書き留めておく。
  2. もしくはスマホなどの「別のデバイス」にFirefoxをインストールして、「デバイスと連携」しておくかしなければなりません。

先ほどのSyncの画面で、「新しいアカウントを作成」ではなく、「アカウントを持っています」を選択し、「デバイスと連携」するか、リカバリキーを入力すれば、再び同期されます。

ちなみに私はRAMDISK上にFirefoxとChromeをインストールし、(使っているソフトはIO-DATAのRamPhantom)、オプションからキャッシュ量を少なめに設定して、RAMDISKの容量を圧迫しないようにして使用しています。

FirefoxはChromeと違ってメモリもあまり使わなくなってきたし、キャッシュ制限には素直に従うし、だんだんこなれたブラウザになって来ましたね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。