お皿についている汚れや油は、ティッシュや新聞紙などでふき取ってから洗う

 

    新聞紙やDMなどの要らない紙を使ったほうが総合的に見ても楽


小学生のころに、「キャンプ場でのマナー」というような本で読んだものです。そのまま家庭でも活かせるなぁと思い、ずっと頭に残っています。

油の多い肉などの料理の後は、食器などが油でべとべとになりがち。その本には「キャンプ場では基本的になるべく洗剤を使わないように」と書かれており(注意:今は上下水道の設備がしっかり整っているところも少なくないとは思いますが)、こうしましょうと書かれていました。
お皿についている汚れや油は、ティッシュや新聞紙などでふき取ってから(油汚れなどでどうしても必要なら最小限の洗剤を使って)洗う。
油汚れでなければ水ですすぐだけで十分ですし、油が少なければ洗剤も少なくて済み、洗い物にかける時間も短縮できるというわけです。

洗い物用スクレーパーも売っていますが、最終的にはそのスクレーパーも洗わなければいけないわけで……。それなら、新聞紙やDMなどの要らない紙を使ったほうが総合的に見ても楽だと思います。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。