今、なぜ、保険の見直しなの?

増税ラッシュの前に保険の見直しをすませておきたい

増税ラッシュの前に保険の見直しをすませておきたい

増税や値上げが家計をジワジワと圧迫し始めています。電力各社の電気料金の値上げはジワジワと進んでいます。

すでに石油石炭税の増税でガソリン代が上がり、10月からは会社員が加入する厚生年金保険料率が引き上げられています。今年1月から始まった復興増税は25年間(個人住民税は10年間)にわたって続きます。さらに、消費税が2014年4月から8%、2015年10月から10%に上がります。増税や値上げは、これだけにとどまらないかもしれません。

税金・社会保険料の義務的負担や電気代その他の家計費の負担が増えていっても、それを補って余りあるほどの収入増があれば問題はありません。しかし、右肩上がりで収入が増えていくことは期待しにくい時代です。ですから、今後、家計のやりくりが今以上に厳しくなることは必至と言えます。このため、家計費の中の固定費である保険料はできるだけ抑えたいもの。

ライフスタイルやライフステージに変化はなく、今は保険の見直しドキではないと考えている家庭も保険を見直してみましょう。そして、保険料を下げられたら下げ、増税に負けない家計作りをしましょう。

最初に、死亡保障の見直しのポイントを考えてみましょう


取材・文/小川千尋(ファイナンシャル・プランナー)