最近老けたと感じるのは目元のせいかも?

k

疲れた目元はメイクだけでは隠し切れません

現代は、PCやスマホの普及で必要以上に目を酷使しています。
かく言う私も、仕事がら一日中PCに向き合うこともしばしば。目が疲れたなと感じた時、ふと鏡をのぞきこむと、充血し10歳ぐらい老けた自分に気が付きぞっとすることも……。

目元は、顔のどの部分よりも見た目年齢を左右する重要なポイントです。クマなど、疲労がでやすい場所でもあるのに、実際のお手入れは比較的軽めというのが実情でもあります。

疲れた目元は、乾燥を引き起こします。そうして水分を失った肌は、皮膚が固くなり弾力も低下することによりシワができやすくなります。また、硬くなった皮膚は、美容液やクリームなどの浸透を妨げる原因にも。


では何故、目元はトラブルが起きやすいのでしょうか?

原因の1つとして考えられるのは、目元の皮膚は他の部分に比べて薄いから。体の中でも、もっとも皮下脂肪が少なく、薄いといっても過言ではありません。その為、外部からのダメージが受けやすく、乾燥やシワやたるみが起こりやすいのです。

2番目は、まばたき。普段何気なくしている「まばたき」が、目を疲れさせる原因の1つになっているのです。乾燥から守るために人は1分間に20回程度瞬きをしていると言われています。また、精神的には心を落ち着かせるなどの作用がある、笑うや泣くなども、シワの原因に。気が付かないうちに、目元の筋肉も疲労しているのです。

3番目の原因は、クレンジングや洗顔。アイシャドウやアイライン、マスカラなど目元のメイクは比較的濃いめ。そして、これらのメイクをしっかり落とさないことで色素沈着などのトラブルを起こします。逆に、アイメイク専用のクレンジングを使い、ゴシゴシこするなど、摩擦で目元はさらにダメージを受けることになるので、どちらも要注意です。


次は、悩みに合わせたアイケアアイテムをご紹介します。


■トラブル別ケア(乾燥、シワ)
乾燥からくるシワには、やはり保湿が重要なカギになります。十分すぎるほど保湿してあげて、目元を柔らかく保つこと。特に夜は、目元用のクリームを何層にも重ねて塗り、気になる部分にはやさしく擦り込むように。


滞りがちな大人の敏感肌にアプローチする高保湿アイクリーム

S

高保湿のアイクリーム

フイルナチュラント
CL アイ リペア
17g/6300円(税込)

滞りがちな大人の敏感肌にアプローチするエイジングケア「CL」シリーズのアイクリームは、乾燥する目元にうれしい高保湿。「バルーンリペックス」という、イリス根エキスとヒメフウロエキスを複合した保湿成分を配合し、ふっくらとした目元を育みます。また、トリプルリフト処方を採用し、内側からリフトしたように整え、ピンとハリを実感。

気になるテクスチャーは、コックリ濃厚タイプ。なのに、肌にのせると、すっとしみこむ感じがたまりません。翌朝は、疲れていた目元もふっくら明るい印象に。刺激が少なく、デリケートな肌にも安心して使えるところも魅力的です。



スキンケアだけではカバーしきれない小じわもなかったことに

h

メイク時の小じわもなかったことに

オルビス
ラインズカバーベース
15g/2100円(税込)

すっぴんだと気にならなかった小じわが、メイクをすることでかえって目立たせてしまうという経験が誰にでもあるはず。ファンデーションを擦り込んだりしてみたけれど、かえって状況は悪化させるばかり……。

オルビスの秋の新商品「ラインズカバーベース」なら、メイクの前に塗るだけで、気になる小じわを瞬時に隠してくれます。
ドーナッツ状の特殊形状の粉体が光を跳ね返し、メイクを長時間キープ。朝のメイク仕立ての若々しい印象が夕方まで続きます。また、わずか1gで6リットルの水分を抱え込む優れた保湿成分が特徴の「ヒアルロン酸ナトリウム」を配合することで、水分不足の目元に潤いを与えてふっくら、シワの目立たないなめらか肌に整えてくれます。

さらりとしたクリームは、どこに塗ったか忘れてしまうほどのなじみの良さ。他の化粧下地を付ける前に、気になる目元に薄くサラサラになるまで伸ばすのがおすすめです。



■トラブル別ケア(ハリ、たるみ)
目元がたるんでいるだけで、見た目年齢はプラス5歳、10歳にもなります。この場合は、とにかく目の疲れをとるのがポイントです。強めのマッサージは、さらにたるみを悪化させる可能性もあるので、やさしくケアしてあげて。
髪の毛の生え際あたりをもみ込むようにマッサージすると、リフトアップ効果があり、目元もピンとハリが蘇ります。


バネのように内側から弾き返す「ハリ」を実感

F

驚きのハリ肌を実感

オバジ
ダーマエラスティックX アイスペシャリスト
20g/6300円(税込)

オバジのダーマシリーズが、さらなる進化を遂げて、この秋新登場。ロート製薬は、長い間、肌内部の「エラスチン」に着目した研究を行ってきました。その結果、世界で初めてエラスチンがしっかり育つために必要不可欠な完成度の高いエラスチンの“軸”を発見。その軸にアプローチするのが、「オバジ ダーマエラスティックXシリーズ」です。

その軸を強化するために必要な新成分「エラスプロ(アスパラゴプシスアルマタエキス)」も配合。これまで以上に弾力のあるエラスチンの産生が可能になりました。しかも、アイスペシャリストには、新成分をリフトクリームの2倍配合。効果がさらに実感しやすくなっているのもうれしいところです。

清潔感のあるチューブに内蔵されているクリームはしっかりタイプ。くるくる螺旋を描くようになじませると、内側からばねのように弾き返すハリ肌に。より効果的な使い方として、目じりを引き上げて数秒間キープするだけで、ふっくらした目元へ導いてくれます。夜のお手入れで使えばアクアウッディーの香りが、心地よい眠りに導いてくれそうです。



美容成分をフィルム状にした新しいカタチのアイシート

a

たっぷりの美容液がフィルムに凝縮

ボトコラックス
とろけるアイシート
14セット(1セット2枚入)/7140円(税込)


目元はとてもデリケートなため、マッサージが逆効果になってしまう事もあり……。そんな時におすすめなのが、このシート。貼って、白いシートをはがして寝るだけで、一晩かけてコラーゲンが溶け出し、濃密なハリと弾力をもたらします。シート1枚に、なんと化粧水約66本分の美容成分を凝縮。もちろん、塗るボトックスと呼ばれる「アルジルリン」や「ハイアクアコラーゲン」などのハリ肌成分もたっぷり配合されています。

一般的に販売されている水分を含むシートとは異なり、美容成分を特殊技術でフィルム状にしているため、貼る時間はたった3秒という時短ケアを実現。シートを肌にのせ、化粧水などの水分をしみこませると、まるで手品のようにフィルムが肌に転写されます。その後コットンだけ剥がし、残った美容液フィルムは時間をかけてじっくり肌に浸透。画期的な使用方法に驚き、翌朝のハリに2度目の驚きを感じることができます。

たっぷり14セット入っているので、季節の変わり目に2週間の集中ケアや、週に1~2回のスペシャルケアとして使うのが最適。今までになかったアイケアのカタチを試してみて!



■トラブル別ケア(クマ)
疲れ顔の象徴でもある「クマ」は、血行不良が原因。特に最近では、PCやスマホなどを長時間使用する(ブルーライトを長時間浴びる)ことで、睡眠障害が起こると言われているので要注意です。血行を良くするために、ホットマスクや氷で冷やすなど、温冷ケアがおすすめです。


肌細胞再生成分でエイジングケアに新時代が到来

D

目元の悩みに徹底アタック

ホメオ バウ
アイクリアEG+(アイクリーム)
15g/5040円(税込)

口コミでも人気のアイクリームは、見た目年齢を左右する“疲れ顔”に徹底アタックしてくれる優れもの。特に、メイクでも隠しにくい青クマの改善に最適です。

ビタミンKを配合することにより、血行を促進し、細かい血栓を取り除くことで、クマを解消します。
さらに、注目すべきは、医学分野でノーベル賞を受賞した「EGF」を配合しているところ。「EGF」とは、上皮細胞増殖因子というもので、もともと人が体内に持っている成分です。肌の再生を促す働きがあり、塗布することで、ターンオーバーを正常な状態に戻してくれます。また、今話題の幹細胞に直接働きかけ、コラーゲンなどを増殖し、ハリのある肌を内側からどんどん作り上げます。とにかく、クマやハリ、たるみなど、気になる目元をトータル的にケアしてくれます。

クリームというよりミルクのようなゆるめのテクスチャーは、肌なじみも抜群。イエローカラーにマッチした柑橘系の香りも爽やか。目元だけでなく、ほうれい線にも効果ありの最強クリームです。
 

見た目年齢マイナス5歳を目指す

食生活を見直すことで、 体の内側からのケアも可能。
ニンジンはカロチンが豊富で眼精疲労に最適です。油を加えると吸収率がアップするため、炒めものして食べるとより効果的です。また、キューイやイチゴなどのビタミンもおすすめ。さらに、ブルーベリーはアントシアニンが豊富に含まれているのでサプリ等でとるのもよい方法です。睡眠不足も大敵なので注意してください。

疲れた目元にさよらなして、見た目年齢マイナス5歳を目指しましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。