スポーツがテーマのおすすめ映画「しあわせの隠れ場所」
監督・脚本:ジョン・リー・ハンコック、2009年アメリカ

■ストーリー:
家族で帰宅の途中、リー・アン・デューイ(サンドラ・ブロック)は雨でずぶ濡れになりながらトボトボ歩いている大柄な黒人青年とすれ違う。息子によれば、ビッグ・マイクと呼ばれている青年だという。

気になった彼女は、思い切って車を止めマイク(マイケル・オアー)に声をかけた。聞けば、家がなく、学校の体育館に寝に行く途中のこと。体育館は暖かいからと。彼女は、とりあえずその晩は家に泊めることにした。彼の身の上話をいろいろ聞いた彼女は、ビッグ・マイクを引き取ることを決意する。

彼女には年頃の娘もいるため、さまざまな雑音が聞こえてくる。にもかかわらず、マイケルのために彼女は四方八方奔走する。実の母に会い、事情を聞き、現状を報告する。学校に入学させる。運転免許証を取れるよう、尽力する。しかしながら、ホームレス同様だったマイケルは、学業についていけない。

彼女は彼の体格を見込んで、アメフトをマイケルに薦める。その前後、マイケルの保護本能が飛び抜けて優れていることが、学校のテストで判明する。

リー・アンの息子を助手席に乗せてドライブ中、交通事故を起こすが、片手一本でマイケルは彼を大怪我させずに済ませた。

アメフト部でパッとしなかったマイケルにリー・アンはこういった。
「チームは家族なの。家族を守るの!」

この一言でマイケルはディフェンダーとして開花した。彼の活躍は全米に広まり、全米中のスカウトがマイケル詣でを始めた。マイケルは結局、お世話になったデューイ夫婦の母校、ミシシッピ大学のドラフト指名を受諾した。

■主なキャスト:
リー・アン/サンドラ・ブロック
ビッグ・マイク-マイケル・オアー/クィントン・アーロン

■オススメのポイント:

私がこの映画を知ったのはTV番組「アンビリバボー」です。翌日レンタル屋さんに行きましたが、見事に全部レンタル中でした。

何よりも実話というのが驚きです。ラストのクレジットでは本人(と思われる)が出てきますので、最後の最後まで観てください。

無縁社会といわれて久しい日本ですが、見習いたいと率直に思いました。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。