各家庭でのインターネット利用の増加ともに、「引越し一括見積もりサイト」の利用者数も年々増え続けているようです。「引越し一括見積もりサイト」は、数社から見積りが取れる便利なサービス。しかし加盟業者の規模はさまざま。引越しだけで年間売上げが600億円を超える大手業者もあれば、従業員数名という業者まであります。どれぐらいの規模の業者に依頼すればいいのか、迷ってしまいそうです。

引越し会社は、大手業者と中小業者(地域密着型を含む)のどちらがいいの?

ネットで検索

業者規模によって特徴が異なる。自分の求めるスタイルはどっち?

引越しはカスタマイズされたサービスなので定価というものがありません。「引越し一括見積もりサイト」で見積もり料金を取ってみると、各社から送られてくる料金はバラバラ。一番安いところに頼むべきか、それとも当たり外れの少ない大手業者にすればいいのか迷ってしまうこともあります。

一概には言えませんが、両社に違いがあるとすれば、引越しをサービス業ととらえている大手業者、職人的仕事ととらえている中小業者の相違があるかもしれません。どちらがいいというのではなく、自分が求めるスタイルはどちらに近いかで選ぶのが妥当といえるでしょう。

サービスの大手業者、リーズナブルな中小業者の引越し会社

とはいえ、最も気になるのが引越し料金。一般的に中小業者は、大手業者より割安といわれています。この差は、手厚いサービスや宣伝費等が大手の引越し料金に反映されていることが考えられます。

大手企業は梱包・養生、クレーム対応など、きめ細かいサービスが“売り”。梱包に関していえば、エコロジーを考え再利用できる梱包資材を開発。さらに利用者が簡単に荷作りができるような工夫も施しています。また、クレームに関しては専用窓口が設置されている場合も多く、不在がちの担当者への連絡で利用者をイライラさせずにすむような配慮もみられます。

ただし、運搬時の荷物の紛失・破損については、業者が引越し保険(運送業者貨物賠償保険)に加入していれば大手、中小にかかわらず補償を受けることができます。さらに充実した補償を受けたいときは、利用者が別途、引越荷物運送保険に加入することもできます。詳しく知りたいときは、加入の有無や補償内容を業者に聞いてみてはいかがでしょう。


<主な引越し一括見積もりサイト>
ズバット 引越し比較

次のページは、引越しプランと料金の違いを紹介します