ドライハーブを漬け込んだ手作りシャンプー&リンス

ドライハーブを漬け込んだ手作りシャンプー&リンス

自宅でできるおすすめ頭髪ケア!
手作りアロマシャンプー・リンスの作り方

寒い季節になると乾燥による「カサカサ対策」が必要になってきます。肌だけでなく頭皮や髪のカサカサもとっても気になりますよね。

寒い季節にもつやつやの髪を保つには、夏の間に紫外線をたくさん浴びた頭皮と髪を、秋の間ににスペシャルケアすることが大切です。そこでおすすめなのが、頭皮と髪をケアすること! 栄養たっぷりのトリートメントでスペシャルケアをする前にぜひ試していただきたいケアです。

紹介する手作りアロマシャンプー&リンスはそんなケアに最適! 天然素材なので排水が地球にも優しく、洗うと頭皮がすっきりして、髪の潤う力が甦ってくるのを感じます。

体にも地球にも優しい手作りアロマシャンプー&リンスで、頭皮と髪をケアして寒い季節もつやつや輝く美しい髪を楽しみましょう!


手作りアロマシャンプーの作り方

早速、手作りアロマシャンプーの作り方からお伝えしましょう。作り方はとっても簡単! 市販の石鹸シャンプーにお好みの精油をブレンドするだけで出来上がりです。今回は写真容器の容量(150ml)に対して、1%濃度の精油(=アロマオイル)滴数のレシピで紹介しています。

■材料と道具(容器容量150ml分)
(材料)
・市販の石鹸シャンプー 150ml
・ドライハーブ浸出液 小さじ半分弱程度 (※無水エタノールでもOK! )
・お好みの精油 30滴
(道具)
・計量スプーン
・計量カップ
・石鹸シャンプーを入れる容器(写真の瓶は容量150ml)
・ビーカー
・マドラー
※ビーカーは30ml くらいの小さなものでOK!

<作り方>
市販の石鹸シャンプーに好きな香りをブレンドするだけ!

市販の石鹸シャンプーに好きな香りをブレンドするだけ!

(1)市販の石鹸シャンプーを自分で用意した容器へ移し替える。

(2)ビーカーにドライハーブ浸出液を小さじ半分弱程度入れて、好みの精油を30滴垂らし、マドラーでまんべんなくなじませておく。

(3)石鹸シャンプーの入っている容器へ(2)を移してマドラーで優しくかき混ぜて、石鹸シャンプーと精油をなじませれば出来上がり!


 

手作りアロマリンスはクエン酸がポイント!

手作りアロマリンスには「酸性」を活用することがポイント!

手作りアロマリンスには「酸性」を活用することがポイント!

シャンプーの次は手作りアロマリンス! 作り方を説明する前に、クエン酸について説明をします。

石鹸シャンプーで髪を洗うと髪がきしんで抵抗がある・・・。そんな方、多いのではないでしょうか? 髪がきしむ理由は、石鹸シャンプーによって頭皮や髪がアルカリ性に傾いてしまうから。

市販のシャンプー剤のように指通り良く洗うための成分が入っていないので、アルカリ性に傾くことで洗いあがりの感触がバサバサしてしまい髪にまとまりが無くなってしまいます。

それを中和するのが「クエン酸」。アルカリ性に傾いた頭皮や髪を中和してサラサラな感触にしてくれます。この「クエン酸」の特徴を活用し、クエン酸水でリンスを作ります。

今回使用するのは、食品添加物の「クエン酸粉末」。精油の香りを楽しむために、香りが無い「クエン酸粉末」を選びました。クエン酸が含まれる、白ワインビネガーやお酢、レモン汁でも代用できます。こちらは使い心地として髪の状態にはとても役立ちますが、どうしてもそれ自体の香りが強く好き嫌いがはっきりします。

>次のページでは「手作りアロマリンスの作り方」を紹介します