そのスキンケアで大丈夫?

秋冬になると気になるのが肌の乾燥。「空気が乾燥する季節だから仕方がない」と思って、あきらめてはいませんか? でも実は、温度や湿度の低下といった外的要因だけでなく、間違ったスキンケアが原因で肌の乾燥を招いているケースも意外と多いのです。

肌に良かれと思って実践していたスキンケアが実は肌の乾燥を加速させていたなんて、本末転倒! そこで今回は、乾燥を招きやすいNGスキンケアについて探るとともに、乾燥対策におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

たとえばこんなNGスキンケア、あなたは実践していませんか?

NGスキンケア1:長時間のクレンジング

メイクをしっかり落とそうとして、クレンジングにはじっくり時間をかけているという人も多いでしょう。しかし、長時間のクレンジングは思った以上に肌に刺激を与えてしまいます。洗浄力の強いクレンジング剤を長時間肌にのせることで、必要な潤いまで奪ってしまう場合も! クレンジング剤は1分以内を目安に手早くなじませて、しっかり洗い流しましょう。

NGスキンケア2:熱いお湯ですすぐ

 

すすぎは人肌程度のぬるま湯で

洗顔やクレンジングの時、汚れ落ちが良いからといって熱いお湯ですすいではいませんか? 熱いお湯ですすぐと、肌に必要な油分まで根こそぎ洗い落とすことになり、さらなる乾燥を招いてしまいます。すすぎは人肌程度のぬるま湯で行うようにしましょう。

 

NGスキンケア3:強い力でマッサージする

肌の血行を促進し、新陳代謝を活発にするマッサージは、肌の乾燥を防ぐにも効果的です。しかし、強すぎるマッサージは肌に負担をかけてしまうことも! ゴシゴシこするのも厳禁です。マッサージを行う際はマイルドなマッサージクリームやオイルを使い、やさしく行いましょう。

NGスキンケア4:シートマスクを長時間のせる

手軽に使えて、保湿効果を実感しやすいシートマスクですが、気をつけたいのが使用時間です。長く肌にのせていればいるほど効果があるように感じてしまいますが、これは間違い! マスクが乾燥してくると、水分が蒸発するときに肌の水分まで一緒に奪われてしまうので、マスクが乾ききらないうちにはずすのがベストです(だいたい5~10分程度が目安)。使用時間が明記されている場合は、きちんと守るようにしてください。

NGスキンケア5:十分な睡眠が取れていない

最後はスキンケアというより生活習慣になりますが、睡眠不足や不規則な生活はやはり美肌の大敵。睡眠中は肌のダメージを修復する成長ホルモンが分泌されるため、良質な睡眠は美肌作りに欠かせません。とくに肌の新陳代謝が最も活発に行われる午後10時~深夜2時は“美肌製造タイム”ともいわれます。なるべくこの時間にはベッドに入るようにしましょう。


いかがでしたか? いつものスキンケアや生活習慣をもう一度見直して、乾燥知らずのプルプル肌を目指しましょう!

>>次のページでは、乾燥対策におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します!