10月の株式市場の傾向

銘柄をご紹介する前に、10月の株式市場についておさらいしましょう。9月末に全銘柄を購入し、10月月末に売却した場合の成績は以下の通りです。

【検証結果】


システムトレードの達人

出典:システムトレードの達人



勝率: 39.28 %
勝ち数: 21,661 回
負け数: 33,487 回
引き分け数: 1,244 回

平均損益(円): -4,496 円  平均損益(率): -1.50 %
平均利益(円): 29,152 円  平均利益(率): 9.72 %
平均損失(円): -26,428 円  平均損失(率): -8.81 %

合計損益(円): -253,547,126 円  合計損益(率): -84,517.53 %
合計利益(円): 631,460,631 円  合計利益(率): 210,490.19 %
合計損失(円): -885,007,757 円  合計損失(率): -295,007.72 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 0.714
平均保持日数: 28.06 日

以上が10月の株式市場の傾向です。10月株式市場は勝率が39.28%と、9月の32.39%と同様に低いです。また、平均損益もマイナスとなっているため、10月の株式市場は下がる傾向が強いといえるでしょう。10月の株式市場が下落傾向である要因に、3月決算企業の中間決算発表が10月に多いことがあげられます。投資家が決算発表を控え、様子見ムードが漂い、相場が閑散とするために、下落傾向が強くなることが多いようです。

では、そういった下落相場の中、10月の株式市場で好調が予想される銘柄をご紹介したいと思います。

10月に優れたパフォーマンスを示す銘柄とは

下落傾向の強い10月の株式市場ですが、過去のデータで優れたパフォーマンスを残している企業がいくつかあります。一般的に、下落傾向が強い相場の場合には、大型株のような日経平均に連動して下落する銘柄よりも、相場と連動性の少ない中小型株の方が優れたパフォーマンスを上げる銘柄が多くなります。また、9月の段階で上昇トレンドがすでに発生している銘柄は、下げの傾向が強い10月相場も好調な可能性が高いといえるでしょう。
そこで、今回ご紹介したい銘柄は、ジェイアイエヌ(3046)です。同社は、「JINS」ブランドを展開するアイウェア(眼鏡)の販売を展開している企業です。

以下は、同社の詳細についてご説明いたします。

【事業内容】
同社は、「JINS」ブランドを展開するアイウェア(眼鏡)の販売を展開しています。同社は、「市場最低・最適価格」をコンセプトに掲げ、「JINS」のアイウェア(眼鏡)はフレーム一式4990円、5990円、7990円、9990円と低価格帯で販売を行っています。また、低価格にもかかわらず、「非球面レンズの搭載に追加料金が不要」のため、「店頭表示価格=お支払料金」というわかりやすい販売方法が好評を博しています。

【低価格の理由】
同社がこのように低価格で、高品質なアイウェア(眼鏡)を提供できるのは、アイウェア(眼鏡)のデザインから生産、流通、販売まで、すべて自社で行っているからです。アイウェア業界では、一般的に、生産業者と販売業者が分かれているのが一般的ですが、同社は一連の流れを一括して行うことで、お客様に届くまでの無駄なコストを極力低減しています。

【JINS PCの流行による急成長】
同社が、アイウェア(眼鏡)業界で急成長を遂げたのは、「JINS PC」の大ヒットが要因です。「JINS PC」は、パソコン・スマートフォン・テレビなどのディスプレイが発する「ブルーライト(網膜の機能低下、目の疲れの原因とれている光)」を約50%カットするという商品です。同社は「JINS PC」の顧客対象は、「パソコン作業等で目が疲れている人」のため、アイウェア(眼鏡)を今まで使用していなかった人も販売対象となりました。これにより、アイウェア(眼鏡)業界では異例の爆発的な大ヒットを達成しました。その追い風を受け、同社は「JINS」ブランドを確立し、新規出店を加速しています。

【財務分析(ファンダメンタル)】
「JINS PC」によって出店を加速している同社ですが、足元の業績を見てみると、2011年8月期決算は、売上高143億円(前年同期比+35.5%)、経常利益10.7億円(同+78%)、当期純利益と大幅な3.8億円(同+15.6%)と大幅な増収増益を達成しています。また、今期2012年8月決算は、売上高225億円(前年同期比+56.5%)、経常利益25.3億円(同+136.4%)、当期純利益10.3億円(同+168.2%)と前年よりも大幅な増収増益を予想しています。同社が新規出店を加速させることを考慮に入れると、今後も同社の急成長が期待できるでしょう。

【株価水準】
同社の株価水準を見てみると、予想PER約40倍と割安感は感じられません。しかし、同社株価の高PERは、売上高の驚異的な伸びや、新規出店ペースを考慮に入れた成長株として扱われているためだと考えます。9月25日現在同社株価は1726円で、直近8月7日に上場来高値1880円を付けていますが、その後は、1600円~1700円台で推移しています。同社の10月中に行われる決算発表内容で、今後も同社の成長性を確認できれば、上場来高値を超えて上昇する可能性が高いといえるでしょう。

【システムトレード分析】
ジェイアイエヌ(3046)と10月の相性の良さをシステムトレードの観点からみるために、9月末に同社株式を購入し、10月末に売却した場合の検証を行いました。検証結果は以下の通りです。

■検証結果■

システムトレードの達人

出典:システムトレードの達人



勝率: 83.33 %
勝ち数: 5 回
負け数: 1 回
引き分け数: 0 回

平均損益(円): 62,859 円  平均損益(率): 20.95 %
平均利益(円): 97,248 円  平均利益(率): 32.42 %
平均損失(円): -109,090 円  平均損失(率): -36.36 %

合計損益(円): 377,151 円  合計損益(率): 125.72 %
合計利益(円): 486,241 円  合計利益(率): 162.08 %
合計損失(円): -109,090 円  合計損失(率): -36.36 %

プロフィット・ファクター(総利益÷総損失): 4.457
平均保持日数: 27.17 日

10月の株式市場が、39.28 %であるのに対して、同社の10月の勝率は、83.33 %と非常に好成績を残しています。過去のデータの検証結果と、株価チャートが上昇トレンドに突入していることを考慮に入れると。10月相場を上昇して乗り切る可能性が高いといえるでしょう。ぜひ10月はジェイアイエヌ(3046)に注目してみてください。


【期間限定】今回の検証ができる株式投資ソフトのフリー版を無料プレゼントします。こちらをクリックください。

(このテーマでの検証については、【システムトレードの達人】を使って検証しています。記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします。)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。