薄型・軽量化とディスプレイの大型化を同時に実現

9月21日、いよいよアップルの最新スマートフォン「iPhone 5」が発売となりました。発売直後から大きな注目を集めるiPhone 5ですが、従来機種であるiPhone 4Sなどと比べ、どのような点が進化・変化しているのでしょうか。

ハード面で最も大きく変わったのが、何と言ってもディスプレイサイズです。日本未発売の初代iPhoneから前機種であるiPhone 4Sまで、ディスプレイサイズと解像度はずっと3.5インチで維持されてきました。ですがiPhone 5は初めてこれを変更し、従来より大型となる4インチ・1136×640ピクセルのRetinaディスプレイを採用。視認性を大幅に高めているのです。
iPhone5

iPhone5は初めてディスプレイの大型化がなされ、やや縦長になった


iPhone5

iPhone 4(右)と比べたところ。長さは変わっているが横幅は変化していない


それでいて、薄さ7.6mm、重量112gと、iPhone 4S(薄さ9.3mm、重量140g)より薄型・軽量化がはかられており、従来機種と持ち比べてみると、その軽さや薄さがはっきり分かります。一方で、本体の横幅には変更を加えていないので、従来通り片手で操作しやすいコンパクトさを実現しています。背面にはつや消しのアルミ素材が採用されており、手触りがよくなったのも、持ちやすさの上ではポイントといえるかもしれません。
iPhone5

背面は従来のガラス加工に加え、MacBook同様つや消しのアルミ素材が用いられている


iPhone5

側面部分。7.6mmに薄型化がなされ、インターフェースも非常にシンプルだ


iPhone 5のコンパクトさを実現する上で、変化したポイントの1つにコネクタがあります。従来の30ピンコネクタに代わり、iPhone 5ではより小型でコンパクトな「Lightningコネクタ」を搭載したのです。このコネクタは単に小型なだけでなく、リバーシブルで表・裏関係なく挿入できることから、指し間違えの心配がない特徴も備えています。

もっとも、従来の30ピンコネクタで作られている周辺機器は、iPhone 5ではそのままでは利用できない点には注意しなければなりません。そうした機器を利用する際は、別売りのLightning-30ピンアダプタを購入するとよいでしょう。
iPhone5

新たに採用されたLightningコネクタ。小型なうえ、表裏関係なく挿入できる


次は、高速性を実現するLTEとCPUについて説明します。