節約して絞り続けても限界がある

マネープランにおいて節約は重要な項目です。節約の意識をせず消費をするということは、予算のリミッターがない状態ですから、毎月の収入を上回る支出になる恐れが高いからです。自然に買い物をしていて、毎月の収入の9割くらいで過ごせる人は、質素であることが気にならないか、所得がとても高い人のどちらかでしょう。

しかし、「毎月手取りの○%は節約!毎月1%ずつ節約割合をアップ!」のような絞り方を続けることには問題があります。というのは手取り収入が変わらないとすれば、生活の満足度を切り詰め続けなければ、節約の割合を高めることはできません。いつかは限界がやってきます。これは「ぞうきんを絞り続ける」ようなものです。そこに含まれている水分には限りがあるわけですから、いつかは絞っても限界がきます。むしろ絞る力を強くしても、出てくる水分は少ないという苦しい状況に陥ります。

何かうまい方法を他に考えてみたいところです。

一定の予算を維持することはうまくいかない

節約でもうひとつうまくいかない方法として「毎日の予算○円を絶対キープ!」というパターンもあります。「夕食代は750円を超えない!」とか「お昼代として使っていいのは毎日500円以下」というようなやり方です。毎月使っていい予算を決め、それを割り算したうえで、毎日使っていい予算を決めているわけですから悪いアイデアではないと思っていると、これが案外苦しいものです。

このパターンの節約の問題点は「同じ金額を変えてはいけない」というところにあります。同じ金額でできる消費の選択肢は限られてきますから、食事のバラエティなどにも自ずと制約が加わります。同じことの繰り返しは苦痛を伴いますから、うまくいかないわけです。

実は上手なお金の使い方のコツは、「絞る」ではなく「メリハリをつける」なのです。

→メリハリをつけたほうが節約はうまくいく 次ページへ