食材が美味しくなるこの時期、「ついつい食べ過ぎてしまった……」なんてことはありませんか? でも、ダイエットのことを気にし過ぎて、好きなものも食べられないのは寂しいもの。そこで今回は、食欲の秋に知っておきたい、お悩み対策別にオススメの成分をご紹介します!
1

自分の食生活に合ったサプリを見つけましょう!



【脂肪が気になる】方のためのサプリ

「油っぽいものが好きで止められない……」という方にオススメしたいのが、脂肪吸収を阻害したり、脂肪分解を促進する成分。同時に代謝アップに役立つ効果が得られる成分もあるので、ダイエットのリバウンド防止のためにも活用しましょう。
2

脂肪分の多い食事は、肥満の主な原因に!



■ガルシニアカンボジア

ガルシニアにはダイエット成分HCAが含まれています。食事の30分前に摂ることで、食事の脂肪分解を促進。さらに、運動を行うことで効果がアップ! 水に溶けやすい加工がしてある錠剤や、ドリンクタイプのものが、ダイエットには特にオススメです。

■キトサン

キチン・キトサンは、コレステロールや中性脂肪をキャッチして、体外に排出してくれる働きがあります。油っこい食事をした後に飲むのが効果的で、摂取量の目安は、1日0.5g~3gと言われています。


■コレウスフォルスコリ

食事で摂った、余分な脂肪の吸収を防ぐ働きが人気の成分。筋肉を減らさずに、体脂肪のみを落とす効果でも知られています。基礎代謝がアップし、リバウンドしにくくなるのも嬉しい効果のひとつです。


■ギャバ

チョコレートに多く含まれることでも有名なギャバ。リラックス効果でも話題になりました。チョコレート以外には、ジャガイモやキムチ、発芽玄米やバナナ等にも含まれています。ギャバの働きは、内臓の働きを活発にして、エネルギーの消費量をアップさせること。さらに、脂質の代謝を促すことから、ダイエットにも効果的です。


■大豆ペプチド

大豆ペプチドは、たんぱく質とアミノ酸の中間にあたる物質。コレステロールを低下させることから健康効果の他、基礎代謝やエネルギー消費をアップさせる働きも。
脂肪の代謝もアップするので、健康的なダイエットに最適です。


■ケルセチン

玉ネギに豊富に含まれている苦味成分で、ポリフェノールの一種。抗酸化作用があるので、エイジングケアにもオススメです。小腸での脂肪吸収を抑制するだけでなく、体内の脂肪を排出するデトックス効果も。玉ネギの白い部分よりも、皮の方も30倍ものケラスチンが含まれています。


■ポリフェノール

強い抗酸化作用を持つことで有名なポリフェノール。水に溶けやすい性質で吸収が良いため、摂取後30分ほどで効果が表れます。そのため、食事中や食後すぐに摂取することで、より高い効果が期待できます。