黒ライダースジャケットでかなえる、体型カバーアレンジ



黒ライダースで着ぶくれ無縁のスッキリコーデ!

黒ライダースで着ぶくれ無縁の引き締めコーデ!



もはや終わらないトレンドアイテムになったライダースジャケット。その人気は衰えることを知らず、この冬に主流となる黒の着こなしにもますます使えそう。そこで、今回は体型別の黒ライダース着こなしアレンジをご紹介します。気になるパーツをカバーしてもらえるコーデを大公開。黒ライダースがあれば、着ぶくれとは無縁のスッキリ秋冬コーデが完成します。当サイトでは過去にも、2007年のハンサムウーマン的な着こなし、08年のレイヤードスタイルでの着こなし、09年の80年代ルック着こなしと、ライダースコーデ術を立て続けに紹介してきましたので、バックナンバーも合わせてご参考に!


【CONTENTS】
Page 1:◆キュッと小顔に見せる術
Page 2:◆気になるお腹&腰周りカバー術
Page 3:◆ゆるフォルム服を引き締める術
Page 4:◆普段よりやせて見える術
Page 5:◆スラリ脚長に見せる術


キュッと小顔に見せる術

◆ライダース×白ミニスカート


白レーススカート&スニーカーでハズす

白レーススカート&スニーカーでハズす


スカート&クラッチバッグでフェミニンをプラス

スカート&クラッチバッグでフェミニンをプラス




この秋冬ファッションで注目が集まるブラック×ホワイトの着こなしに、黒ライダースジャケットはうってつけのアイテム。白レースのミニスカートで合わせれば、上半身が引き締まって見えます。ボリュームたっぷりのファースヌードが小顔効果を発揮。あえてスニーカーでハズすコーデも見逃せません。ロングブーツとライダースで脚と腕をスラリと見せて、縦長に結んだマフラーでさらに細長フォルムを強調。ほっこり白スカートとのコントラストで、キュッと引き締まったフェイスラインが実現。


次のページでは、気になるお腹&腰周りをカバー術!


気になるお腹&腰周りをカバー術

◆ライダース×白シャツ


グラフィカル柄スカートとミニマルシャツとのコーデが新鮮

グラフィカル柄スカートとミニマルシャツとのコーデ




着こなしもクラッチバッグも白×黒でまとめて

着こなしもクラッチバッグも白×黒でまとめて




さわやかな白シャツをハードなライダースジャケットに合わせれば、今年風ミニマル&モードな着こなしに。ライダースからのぞくシャツ裾が軽やかなレイヤードスタイルに仕上げてくれます。鋭角のVカット裾が気になる腰やお腹周りもスッキリとした見栄えに整えてくれそう。シャツの上からボリュームネックレスを乗せたり、ストールをぐるぐる巻いてネック周りにアクセントを添えるのもスタイルアップにつながります。スカートはタイトミニを選べば、コンパクトにまとめやすくなります。


次のページでは、ゆるフォルム服を引き締める術!


ゆるフォルム服を引き締める術

◆ライダース×白マキシ丈ワンピ


ネックレスとサンダルでエレガントに味付け

ネックレスとサンダルでエレガントに味付け




ルーズになりがちなジャージー素材ワンピも引き締まる

ルーズになりがちなジャージー素材ワンピも引き締まる




体型を隠してくれつつ、お姫様や花嫁のような気分を味わえる全身ホワイトのマキシ丈ルック。男前のライダースジャケットで合わせると、タイトに引き締まった着こなしに早変わり。黒ロングコートの上に黒ライダースを重ね、サンダルに黒タイツで合わせるといった、常識を破る着こなしがモード風。甘い服にエッジィなムードを漂わせてくれるのもレザージャケットならではの魅力です。楽チン服にもライダースをオンすれば、シャープなスタイリングに導いてくれるから、やはりこの秋冬も手放せません。


次のページでは、普段よりやせて見える術!


普段よりやせて見える術

◆ライダース×黒ボトムス


白のチェーンバッグを差し色に

白のチェーンバッグを差し色に




スニーカーでヌケ感を出す

スニーカーでヌケ感を出す




凛としたダンディーレディーを意識したい今シーズンの装いに、ライダースジャケットが一役買ってくれます。全身ブラックの着こなしにもレザーのつやめきが加わって、ムードを格上げ。ムートンやスエードなどの柔らかいムードのライダースを選べば、落ち着いたムードに仕上がります。全身を黒でまとめると、さらにスレンダーな見栄えに。ヘアスタイルはセンターパーツで分けてきっちり後ろで結んで。今季らしい凛々しいムードを際立たせれば、普段よりやせて見せてくれるハズ。


次のページでは、スラリ脚長に見せる術!


スラリ脚長に見せる術

◆ライダース×柄スキニーパンツ


ヘアバンドとブーツインでシャープな先端をつくる

ヘアバンドとブーツインでシャープな先端をつくる




ハードなレザーとソフトなファーのコラボレーション

ハードなレザーとソフトなファーのコラボレーション




脚長に仕上げるライダースの新着こなし術です。柄スキニーパンツがトレンドとして勢いづいているこの秋冬は、レギンスのように柄物パンツをはいているファッショニスタが続々。柄がインパクトを放ち、レッグラインをカムフラージュしてくれるから、肌にピッタリしていても気になりません。このように思い切ってウエストから下を大胆に露出することで、かえって脚が細く、長く見えるわけです。さらに、スヌードを巻いたり、ライダースの上からファーベストを重ねたりと、上半身にボリュームを持たせれば、さらに脚の細さを強調されるので、このテクニックもお忘れなく。


黒ライダースジャケットで仕上げる、体型別の着こなしはいかがでしたか? 小顔アピールや、お腹&腰周りカバー、脚長演出など、様々な効果を発揮してくれるので、この秋冬もライダースは手放させそうにありません。黒の着こなしがトレンドの今季にもぴったりで、まだまだ使えるライダースでおしゃれを楽しんでくださいね。



【関連記事】

今季流チェック柄のお手本コーデは、マルニで決まり!

足首魅せの「クロップトパンツ」がこの秋の美脚ルール

メンズアイテムを女子がおしゃれに着回す術を伝授!

街角視線王! ライダースジャケット増量中

ライダースジャケットのレイヤードルック着こなし集!

マネしたい!ライダースジャケット着回し術

【ガイドの最新情報】

宮田理江 公式ブログ 「fashion bible」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。