秋鮭のキッシュの作り方!冷凍パイシートで作る簡単人気レシピ

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかずキッシュ

 

冷凍パイシートで作る秋鮭のキッシュのレシピ

おやつにも軽食にもなるキッシュは家でも簡単に作ることができます。冷凍パイシートを使い、野菜と大きめに切った鮭を入れ込んだキッシュは、ボリューム感がありホームパーティーやおもてなしにもぴったりです。手土産にしても大変喜ばれます。具はソテーした鶏肉やきのこ、茹でたじゃがいも入れても美味しいです。お好みの具を入れアレンジするのも面白いですね。

秋鮭のキッシュの材料(8人分

具材とパイ生地
生鮭切身 100g×2切
小さじ1/8
ブラックペッパー 少々
バター 10g
大さじ1と1/2
たまねぎ 90g
ほうれん草 冷凍 お浸し用 60g
サラダ油 大さじ1
冷凍パイシート 10cm×19cm 2.5枚 
卵液
M玉1個
牛乳 120ml
生クリーム 40ml
パルメザンチーズ 小さじ1と1/2
小さじ1/8
ブラックペッパー 少々
入れ込む具材は魚以外でもお好みの肉やきのこ、芋類などでもokですが、事前に加熱し塩、こしょうなどで下味をつけておくと、卵液と具材の味がなじんでよりキッシュが美味しくなります。

秋鮭のキッシュの作り方・手順

下準備

1:パイシートを型に敷く

パイシートを型に敷く
冷凍パイシートを冷蔵庫で解凍させ、パイ型もしくはタルト型に敷きます。ラップをして冷蔵庫に入れておきます。オーブンは200℃に余熱をかけておきましょう。
型から出た部分は切ってしまい、足りないところにつけてもかまいません。今回はすでに表面に穴があいているパイシートを使用しましたが、あいていない場合はフォークなどで穴をあけてください

2:鮭に下味をつける

鮭に下味をつける
バットに鮭を並べ、塩とブラックペッパーを両面にふり5分ほどおいておきます。

3:たまねぎを切る

たまねぎを切る
たまねぎは皮をむき、イチョウ型に薄くスライスします。

4:生地の卵液を作る

生地の卵液を作る
卵液の材料をすべて合わせ均一に混ぜます。

具材の調理

5:鮭を焼く

鮭を焼く
フライパンにバターを入れて全体になじませます。鮭の表面に出た水気をペーパータオルなどで拭き取り、フライパンに並べ中火で焼きます。

6:ひっくり返し、蒸し焼きにする

ひっくり返し、蒸し焼きにする
片面にきれいな焼き目がついたらひっくり返し、もう片面も1分ほど焼きます。酒を入れてふたをし2分ほど蒸し焼きにします。

7:粗熱をとり、食べやすい大きさに切る

粗熱をとり、食べやすい大きさに切る
水気がなくなったら火を止め、バットなどにあけ粗熱をとります。皮と骨を取り除き、食べやすい大きさに切ります。

8:たまねぎとほうれん草を炒める

たまねぎとほうれん草を炒める
フライパンにサラダ油を入れて全体に回します。中火にかけ、たまねぎとほうれん草(冷凍のまま)入れてたまねぎがしんなりするまで炒めます。

オーブンで焼く

9:パイシートの上に具材と卵液を入れる

パイシートの上に具材と卵液を入れる
冷蔵庫から型に敷いたパイシートを取り出し、中に鮭を並べ、たまねぎとほうれん草を全体にのせ最後に卵液を流し入れます。

10:オーブンで焼く

オーブンで焼く
200℃のオーブンで約50分焼きます。卵液がふわっとかたまり、全体がこんがり焼き目がついたらできあがりです。 オーブンの機種によって焼き上がり時間は異なります。様子を見ながら調整しましょう

ガイドのワンポイントアドバイス

キッシュは焼き立てでも冷めても美味しく召し上がれます。冷蔵庫に入れておけば2~3日もちますので食べる前にラップをかけ電子レンジで温めて食べても良いでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。