紙ナプキンで茶巾絞りのように包む

 

  ナプキン2枚をばらして、対角線上にずらして使うと、ボリュームが出る


受け取る側がそんなに気構えなくてもいいような、簡単なプレゼントやおすそ分けなどは、プリンカップや紙コップなどの入れ物に入れてラップをかぶせたり、小袋に入れた後、紙ナプキンで茶巾絞りのように包みます。

包装紙よりもやわらかく、ティッシュよりも丈夫な素材ですので、こういう用途には向いています。

また、ナプキンによっては2枚重ねになっているものもあります。2枚をばらして、対角線上にずらして使うと、上の写真のようにボリュームが出ます。

紐でもいいですが、モールやビニールタイ(針金の入った袋の口を留めるためのもの)を集めておいて、それらで留めるとキレイですし便利です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。