奈良のポスト黒川!? 秘境温泉「洞川温泉」

 
奈良県天川(てんかわ)村の「洞川(どろがわ)温泉」は霊峰・大峯山のふもとにある温泉。知る人ぞ知る秘湯感からポスト黒川温泉…として温泉ファンの注目を集めています。

泉質はアルカリ性単純泉。温泉地としての歴史は浅いですが、天川村には古くから山岳修行の山伏たちの宿坊が数多くあり、今でも20軒ほどの宿が集落に集まっています。

お土産屋やカフェなどが軒をつらねる、いわゆる温泉街ではありませんが、木造の宿には懐かしい「縁側」があり、のんびりとくつろげます。薬草茶や手作りのお菓子などを振る舞ってくれる宿も多く、縁側でのひとときを盛り上げてくれます。

天川村は名水の里とも言われ、名水湯豆腐や葛餅、ごま豆腐なども美味! 話題の温泉なので、行くなら今!

■洞川(どろがわ)温泉
住所:奈良県吉野郡天川村洞川温泉
電話:0747-64-0333(大峯山洞川温泉観光案内所)
アクセス:「下今口駅」から奈良交通「洞川温泉」行きで1時間20分
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.ntcs.ne.jp/tenkawa/kyokai/index.html

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。