日本的な静かな趣を感じられる慈照寺(銀閣寺)

 

 

銀閣寺を創建したのは室町幕府8代将軍の足利義政。正式名称を慈照寺(じしょうじ)といいます。

銀閣と呼ばれる観音殿、さらに、方丈の前庭にある白砂の砂盛り向月台(コウゲツダイ)と、波紋を表現した銀沙灘(ギンシャダン)も見所の一つで、銀閣の前には、錦鏡池(きんきょうち)を中心に池泉回遊式庭園が広がっています。

金閣寺と違って落ち着いた雰囲気で、日本的な良さを感じます。近くの哲学の道を散策するのもいいですね。

■銀閣寺
住所:京都市左京区銀閣寺町2
電話:075-771-5725(慈照寺 事務局)
拝観時間:夏季(3/1-11/30)8:30~17:00/冬季(12/1-2/末日)9:00~16:30
休み:なし
料金:大人500円・小中学生300円
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
アクセス:市バス「銀閣寺道」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。