巨大な縄文時代の集落跡!青森の「三内丸山遺跡」

 

 

三内丸山遺跡は日本最大級の縄文時代の集落跡で特別史跡になっている。遺跡の発掘で当時の自然環境、人々の生活や集落の様子などが知る事ができて、今も発掘調査が行われている。

しかも、自由に見学する事できて、無料なのがびっくり! 希望すればボランティアのガイドさんが遺跡を案内してくれる(これも無料)。遺跡に併設されている「縄文時遊館」も入館料無料! 館内には縄文人の生活の様子がリアリティーあふれる人形で再現されていたり、縄文人の服を着て記念撮影(カメラは持参)できる。また、館内のレストランでは縄文時代の食材をメニューに取り入れた料理がある。お土産コーナーもあり、青森の特産品などが買える。

遺跡は素晴らしいし、「縄文時遊館」も広くて綺麗で立派!おまけに縄文時代を学ぶ事ができる! これだけ内容が充実していて、無料だなんて信じられない。県外から修学旅行生も訪れている。

■三内丸山遺跡
所在地:青森県青森市大字三内字丸山
アクセス:
JR青森駅から車で約20分/市営バス「運転免許センター」行きで「三内丸山遺跡」下車(300円)
JR新青森駅から車で約10分/ねぶたん号(シャトルルートバス)で約10分 南口1番乗り場から左回り乗車  「三内丸山遺跡」下車(200円)
青森空港から車で30分 東北自動車道 青森I.Cから車で約5分
青森港フェリー埠頭から車で約30分
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/index.html


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。