見ごたえ十分! 歴史ある神社「北海道東照宮」

 

 

「北海道東照宮」。歴史なのでちょっと固くなりますが、江戸時代の文化10年(1813年)、鎮護国家や蝦夷地繁栄のため祀られた神社です。場所は、函館山のちょうど反対側の陣川という高台の町。五稜郭から車で20分ちょっとかかります。

境内には立派な社殿のほか、箱館戦争東軍(旧幕府軍)兵士を弔う純忠碧血神社や当時の狛犬、弾痕の残る手水石など、ゆかりある品がたくさんあります。社務所に入ると、坂本竜馬の子孫(ちょっと記憶が定かではないですが……)の方が訪れた時の記念写真があったりします。本殿には、戦争の戦利品として東軍に持ち去られたまま行方不明だった扁額が。約130年の時を経て岡山・杉山藩士の子孫から変遷されたもので、金箔を施した縦150cm横80cmの大きな額は見ごたえ十分です。

■北海道東照宮
住所:函館市陣川82-153
電話番号:0138-32-2221
P有り
地図:Yahoo!地図情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。