どこか懐かしい港町…ポニョのモデルの広島県鞆の浦

 

 

スタジオジブリの映画の舞台は、どこか懐かしさを感じる日本の原風景ばかり……。「崖の上のポニョ」のモデルと言われる広島県福山市の「鞆の浦(とものうら)」)も、そんな懐かしさに溢れた港町です。

昔から「潮待ちの港」と言われた鞆の浦は、坂本龍馬や足利義昭なども身を寄せるなど、歴史上の人物ともゆかりが深く、江戸時代の邸宅なども残っています。常夜灯などが残った港の風景は、まさにポニョの世界そのもの! どこからかポニョが出てくるんじゃないか?と思うほど、スクリーンで見た景色を堪能できます。

そんな鞆の浦にはもう一つ、「保命酒(ほうめいしゅ)」というココだけのお楽しみも……。保命酒は16種類の生薬をつけこんだ、江戸時代から続く鞆の浦の名物! 現在も、岡本亀太郎本店、入江豊三郎本店など、4つの蔵元があり、味もさまざま。ハヤシライスが自慢のカフェ「田渕屋」では、料理を待っている間に全ての蔵の保命酒が試飲できるので、自分好みを探してみては?

■田淵屋
住所:広島県福山市鞆町鞆838
電話:084-983-5085
営業時間:11:30~17:00頃まで
定休日:水曜日
アクセス:福山駅から鞆の浦まで、バスで約30分(JR福山駅南口・鞆鉄バス5番乗り場)「鞆港」下車、徒歩3分
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.tomonoura-tabuchiya.com/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。