広島の海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」

 

 

呉駅から徒歩5分、海へ向かう連絡通路を歩いていくと目につく巨大な「ミサイル」のような物体……。「てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)」は本物の潜水艦をそのまま展示した日本初の史料館です。資料館として利用されているのは2004年まで活躍していた潜水艦「あきしお」。

中は3階建てになっていて、海上自衛隊の歴史や働き、実際に機雷(海に埋められている爆発物のこと)を除去するときに使用していたフロートなどを見ることができます。

さらに! 潜水艦の中での隊員の暮らしが見学できるコーナーも。隊員が寝起きする三段ベッドに寝てみたり、本物のコックピットに入ることもでき、身近に体感できるようになっています。

海上自衛隊の施設なので、入館料は無料! 売店ではレアな海自グッズも購入できます。

■てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)
住所:広島県呉市宝町5-32
電話:0823-21-6111
営業時間:9:00~17:00(展示室への入室は16:30まで)
休館日:火曜日
アクセス:呉駅から徒歩5分
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。