大迫力の戦艦! 大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)

 

 

20世紀初頭以降の呉は世界有数の造船都市。戦前・戦中は史上最大の戦艦大和など日本海軍の軍艦を、戦後は世界最大級の石油タンカーなど最先端の商船を建造してきました。ここは、そんな呉の造船の歴史を紹介する博物館です。一番の見所は、やはり、1/10サイズの戦艦大和や実物の零戦62型、人間魚雷回天といった迫力ある大型展示物。正面や横からだけでなく、テラスに上がって上からも見ることができるので、大和の艦橋部(いわゆる司令塔)や零戦のコクピットの内部もはっきり見えます。

なお、大和の模型は博物館のシンボルとしてエントランスに展示されているため、正面(艦首側)からだけなら、観覧料を払わずに見ることができます。記念写真の撮影も可能。もし、じっくり見て回る時間がなければ、受付の手前で大和を一目見てすぐ帰るというのも、一つの手です。

■大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)

所在地:〒737-0029 広島県呉市宝町5-20
電話:0823-25-3017 FAX:0823-23-7400
開館時間:9:00~18:00(入館受付17:30まで)
休館日:火曜日(火曜が祝日の場合は翌日休館) 4月29日~5月5日、7月21日~8月31日、12月29日~1月3日は無休
常設展観覧料:大人500円、高校生300円、小中学生200円
アクセス:JR呉駅から連絡通路(途中ゆめタウン呉の店内を通過)を通って徒歩5分
地図:Yahoo!地図情報


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。