まな板をあまり汚さない方法

まな板をあまり汚さない方法

まな板をあまり汚さない方法

皮膚科の先生と6時間くらい雑談していたときに教えてもらった裏技です。

トレーに入った肉や魚を買ってきて、それをまな板の上でさばくとき、当然ですがどうしてもまな板が汚れます。そこで、開封前のトレーをまな板の上にひっくり返して置き、底が上になっている状態でラップを解き、トレーだけを外します。そうすると、まな板の上にラップ、その上に肉や魚が乗る状態になりますので、肉汁を吸い取るシートを剥がしたら、その状態のまま調理をします。

ラップは薄いのでいくらかは切りこみが入って肉汁などが染み出ますが、何もないよりは汚れがましになり、片づけが楽になります。それに、調理方法によっては肉や魚に一度も触れずに料理することができるので、指先に怪我をしているときなどもオススメです。
【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。