現役の海女さんが焼いてくれる「相差(おうさつ)かまど」

 

 

伊勢志摩で美味しいものを食べたいなら、「相差(おうさつ)かまど」へ。海女さんが休憩をとっていた「海女小屋」と呼ばれる場所で、とれたての貝などを炭火で焼いてくれます。

なんと!焼いてくれるのは、現役の海女さん2人。貝を取るときの秘訣など、海女さんならではのお話を聞きながら食事が楽しめます。

ランチは3500円から。内容は季節によって異なるそうですが、サザエに、貝殻が色鮮やかなバタ貝、大アサリ、イカなど…の焼き物と、ウニ飯と焼き餅入りの海藻みそ汁などなど。

貝はどれも新鮮で、プリップリ。大アサリの汁は1滴も残せないおいしさです。
さらに今おすすめなのが、ふつうのカキの5個分くらいはあろうかというビッグサイズの岩ガキ。

別料金で1個、800円から1000円くらい。食べごたえがあるので、2人でシェアしてもいいですよ。

■相差(おうさつ)かまど
■住所:鳥羽市相差町1238
■電話:0599-33-6411(相差観光協会)
■営業時間
ティータイム(1時間):10時と15時
ランチタイム(1時間半):11時~14時頃(要問合せ)
■アクセス:近鉄鳥羽線鳥羽駅から三重交通バス国崎行きで35分、相差バス停下車、徒歩5分
■サイト
http://www.toba.or.jp/amahut/amahut.htm
■地図
Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。