きれいなわき水で楽しむ指宿市の唐船峡そうめん流し

 

 

薩摩半島の南部にある指宿市の「唐船峡そうめん流し」はいかがでしょうか。ここはちいさな渓谷の中にある施設で、「指宿市営のそうめん流し」と「民間のそうめん流し」がありますが、規模は指宿市営の方が大きいです。で、地元の人では「そうめんのつゆ」の好みで「市営の方がおいしい」、「いや民営の方がおいしい」と意見が分かれることが多いとか……。

よく「そうめん流し」というと「竹の筒」を連想するかと思いますが、こちらでは、ご覧のような円卓式の「そうめん流しテーブル」に座ってそうめんを頂きます。じつは、これを開発したのは個人の方で、意匠登録なさっていたのですが、あるとき、その権利を開聞町に譲ったことから「回転式そうめん流し機」の意匠登録の権利を自治体が持つという珍しいことになりました。なので、テーブルの下を見ると、開聞町の管理銘板みたいなものがついています。ただ、今では期間が切れたか更新をしなかったらしく、玩具の「回転式そうめん流し機」がディスカウントショップなどにも並ぶようにもなりました。

「そうめん流し」、シーズンといえばもちろん「夏」ですが、ここは「冬」もやっていますので、一年中そうめん流しが楽しめることになります。冬に楽しむそうめん流しも、これはこれでおいしいですよ(笑)。きれいなわき水によってもたらされる、マイナスイオンたっぷりな中で食べるそうめん。南薩地方を訪れたら、是非立ち寄ってご賞味あれ。

住所:鹿児島県指宿市開聞十町5967
TEL:0993-32-2143
地図:Yahoo!地図情報
営業時間:10:00~
※ラストオーダーは季節や時期により異なります。
アクセス:
公共交通機関
JR指宿駅から鹿児島交通バス開聞駅・東大川行き「唐船峡」下車
所要時間:約30分
JR開聞駅から鹿児島交通バス指宿駅行き「唐船峡」下車
所要時間:約5分
※公共交通機関は本数が少ないです。事前に必ずご確認を。
自動車の場合
鹿児島市中心部から国道226号線で
所要時間:約80分
ホームページ(指宿市観光協会内のページ):
http://www.ibusuki.or.jp/eat/somen/ibusukicity/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。