九州唯一の枯山水「光明禅寺」で四季を感じる旅(福岡)

 

 

太宰府天満宮といえば、福岡県の観光スポットとして有名です。その太宰府天満宮のすぐ側にある「光明禅寺」をご存知でしょうか? 九州唯一の枯山水の庭園を楽しむ事が出来る穴場的スポットです。

光明禅寺は菅原道真家の生まれである鉄牛円心和尚が鎌倉時代に建立した禅寺で 太宰府天満宮の結縁寺として、通称「苔寺」と呼び親しまれています。裏庭には苔で陸を、白砂で大海を表現した 一滴海之庭、前庭には石を配した仏光石庭と九州唯一の枯山水の庭園があり見応え十分です。四季折々の草木を本堂から楽しむ日本の侘び寂びを堪能してみては? 夕暮れ時の本堂から中庭にかけてまるで「陰影礼賛」を体感出来るような光の移ろいにしばし心奪われそうになります。

紅葉のシーズンは茶室も開放されます。茶室から見る 枯山水の庭は圧巻! 新緑の季節、紅葉の季節、または雪化粧した様もオススメです。太宰府天満宮や九州国立博物館と一緒に太宰府の街を多様な面から楽しんで下さい。

■光明禅寺
住所:福岡県太宰府市宰府2-16-1
アクセス:西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩約5分・九州道太宰府ICから約15分
Tel:092-922-4053
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。